俵屋/'09 皐月(1)


<楓の間>


b0035734_21131815.jpg



いよいよこれから秋も深まっていくという時期。
なのに何故か季節に逆らって
春にhiyoko姉さんと訪れた俵屋記事を。。。






いつもは長々と書く俵屋レポですが、
今回はすでに姉さんが詳細を記事にしてくださっているので
写真を整理する意味でさらりと紹介していきます。





正月以外は前を通りかかるだけで足を踏み入れた事が
なかった俵屋旅館。

この時期はどんな室礼を見る事ができるのか
ワクワクしながら門をくぐりました。


入口の足元には八角蓮、玄関の手前には大好きな双葉葵。
訪れたのはちょうど葵祭りの時期でした。

b0035734_21134613.jpg


玄関を上がると目の前には江戸初期の風俗屏風。

b0035734_2114615.jpg


入口に幕はなく玄関に餅花もないので
正月の華やかさはありませんがその分静かで厳かな佇まい。


その他のしつらいは以下。

b0035734_21255689.jpg








今回初めて新館のお部屋です。

b0035734_21142796.jpg


階段を上がって右奥へ。

b0035734_2114564.jpg


2階の平面図。
吉村順三設計の新館は1965年竣工。

b0035734_21153263.jpg


廊下。

b0035734_2115217.jpg


突き当たりのひとつ手前のお部屋が「楓の間」。

b0035734_21151135.jpg


中に入ると八畳の本間に三畳ほどの小さな次の間。
俵屋のカテゴリーの中では一番小さな部屋のひとつ。

b0035734_21154966.jpg


次の間から本間を見る。

b0035734_2116091.jpg


名前の通り、楓の眺めが素晴らしい部屋は
ゆっくり外の景色を楽しめるように小さな庭座が設えてあります。

b0035734_21162565.jpg


狭いコーナーにすっぽり嵌まり込んで
雨露に光る青葉を眺めているとそれだけで幸せ。

b0035734_21161691.jpg


館内を含めてこういうさりげなく気の利いた空間が随所に
あるところに俵屋の遊び心とセンス、ゲストへの配慮を感じます。






部屋を一通り見渡したところでお楽しみのわらび餅。
ほよほよと柔らかな食感と甘さは何度食べても感動♪

b0035734_2129165.jpg


少し気持ちが落ち着いてきたところで更にじっくりお部屋見学。


床の間の掛け軸は上村松園の時雨傘、
小さく活けられた花は紫陽花と都わすれ。
どちらもこの時期にぴったりの室礼。

b0035734_21175320.jpg


b0035734_2126185.jpg



いつものようにあんなとこもこんなとこも
細部までキョロキョロ見ちゃいます。

b0035734_21182957.jpg


クローゼット。

b0035734_21182573.jpg


イカットが掛けけられた箱は冷蔵庫。

b0035734_21183585.jpg


とってもコンパクトなお風呂と洗面所。

b0035734_21185996.jpg




部屋によってレイアウトは様々ですが
どの部屋もそれぞれの間取りと眺めを活かした
清潔で心地良い空間である点は共通しているように感じます。^^




*姉さんの記事はコチラ♪↓
<その1> <その2> <その3>
Commented by hiyoko at 2009-10-05 00:27 x
うー、懐かしいわ~~。
俵屋上級者のizolaちゃんと一緒だったので、初めてなのに充分堪能できて嬉しかったです。
あそこは、知れば知るほどその奥の深さに吸い込まれていってしまいそうな魔力があります。
これまで、近づいてはいけない近づいてはいけないと、なんとなく予防線を張っていたのは、きっとこの魔力を薄々感じていたからじゃないかと・・・。
しかしもう遅いです。
一度知ってしまったら、もう後戻りは出来ません。(笑)
これから一生をかけて、行くことになるんでしょうね~。
いくつのお部屋に泊まれるかな。。。
Commented at 2009-10-05 00:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by y_and_r_d at 2009-10-05 08:36
こんにちは。
憧れの俵屋、細部にわたって美しいですね。
いつかはこの小宇宙を堪能してみたいです・・・。
Commented by アーモンド at 2009-10-05 11:34 x
カーサブルータス10月号が「京都入門」特集で俵屋が詳しくでてたので、あっ、Izolaさんが記事書いてあるのかとおもいました。^^
上松松園に紫陽花ですか。好きなものばかりでたまりませ~ん。
ところで、靴脱ぎ石にある雪駄はどこのものでしょうか。
それ、とってもほしいです。庭に置いてあるといいですね。
今度、泊られるときに聞いてみて下さい。←おねだり。
お姉さんの記事もとっても素敵!!
Commented by アーモンド at 2009-10-05 11:44 x
上松だって!?上村です。失礼しました。
Commented by izola at 2009-10-05 18:35
>hiyoko姉さん、すでに懐かしいあの日ですよね。笑。
私が俵屋上級者なんてとんでもない!
まだ今回含めて3回しか行ってないんですから姉さんと
一緒の初心者ですよ〜。

おっしゃるように、俵屋の不思議は知れば知る程
吸い込まれていく奥深い魅力がありますよね。
姉さんが今まで我慢されてたのが驚きです。
後戻り出来ないのは私も一緒なのでこれから一生かけて
ぼちぼちと全部屋制覇していきましょうネー。
ってどれだけ働き続けなあかんのやら??汗。^^;;
Commented by izola at 2009-10-05 18:39
>鍵コメさん、いえいえこちらこそお手数おかけしました!
俵屋さん、さすが世界に名を馳せる名宿だけあって
行く程にその奥深い世界に嵌まり込んでいきます。
でも決して敷居が高いとか気後れするような事はなくて
本当に寛げるお宿なんです。
鍵コメさんもきっと気に入られると思いますから
ぜひいつか不思議の門をくぐりに行ってくださいね。^^
続きはぼちぼちと・・・。笑。
Commented by izola at 2009-10-05 18:46
>y_and_r_dさん、俵屋はただ美しいだけでなく
俵屋という場所でしか表現できない独自の世界があって、
不思議な温かさを感じるところが好きです。
ぜひいつかこの世界を堪能しにいらしてください。^^
Commented by izola at 2009-10-05 18:55
>アーモンドさん、カーサブルータスの京都特集、
早速見なくては〜。
>Izolaさんが記事書いてあるのかと・・・
あはは。私などが俵屋を語るなんて千年早いですわ!
といいつつレポしてますけど。爆。

上村松園も紫陽花もしっとり風情があって季節を
感じる室礼でした。^^
月毎に部屋毎に変わる室礼を見るのもこの宿に来る
大きな楽しみのひとつです。

雪駄は坪庭に置いてあったものです。
どこのものでしょう?
次の滞在の時に忘れなければ聞いてみますね。^^
って次はいつ???笑。

姉さんの記事、素敵でしょ〜♪
続きの記事でもばんばんリンクしちゃいます♪♪

*上松→上村の訂正、わざわざ有難うございます。
私もしょっちゅう誤字脱字してるので気をつけなくちゃ。^^;
Commented at 2009-10-05 22:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by izola at 2009-10-06 21:27
>鍵コメさん、はじめまして&コメント有難うございます!
こちらこそ、あの方のブログで鍵コメさんのお名前は
以前から拝見しておりましたが挨拶にも行かずすみません。
こうしてメッセージをいただけてとても嬉しいです。^^

鍵コメさんはいつも素敵な旅をされていると
お聞きしていますので、これを機に色々と旅ネタで
交流させていただけると幸いです。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します!^^
by izola | 2009-10-04 17:05 | 俵屋旅館 | Comments(11)