最近観た映画3本



b0035734_12512515.jpg



芸術の秋という事で、
読書・音楽に続いて久し振りに映画鑑賞も復活。

SWを含めた2週間の間にレイトショーで3本観ました。






個人的に一番良かったのはトップ写真の
「サンシャイン・クリーニング」

元々たった4館での公開だったものが口コミでじわじわ
話題になり全米で大ヒットになったという作品。

負け組一家の不器用な生き方に歯痒さを感じたり
苦笑いしつつも、観終わった後にほんのり心が温かくなる・・
そんな物語。

エイミー・アダムスとエミリー・ブラント演じる
姉妹のやりとりがリアリティがあってとても良かったです。

詳しいストーリーは公式サイトでどうぞ。







続いてはオドレイ・トトゥ主演の
「ココ・アヴァン・シャネル」



b0035734_1251387.jpg



孤児院育ちの少女が世界のシャネルになるまでの物語。

どんな苦境に立っても決して卑屈にならず
自分の信念を曲げない心と人生を切り開いていく行動力、
真っすぐに愛を貫く強さに感動を覚えると共に
同じ女性としては痛々しさも感じました。


手に入れたものの大きさに比例して失うものも大きい・・・

その喜びと痛みのどちらをも真っ正面から受け止めて
生き抜いたシャネルはやはりすごい女性だなと。







3本目は「火天の城」


b0035734_1251507.jpg


織田信長の死と共に築城わずか3年で焼失した幻の城
「安土城」を設計・監督した熱田の宮大工
岡部又右衛門の物語。


職業的観点から、もう少し具体的に安土城築城の詳細
(特に狩野一門の手掛けた金碧障壁画や茶室など内部について)を
知りたかったので、その点では少し物足りなさを感じましたが
人間ドラマとしてはなかなか良かったです。
特に大竹しのぶのさりげない演技が物語に深みを持たせていました。


それにしても改めて、安土城の焼失は世界レベルでの損失ですね。。

叶う事なら一目実物を見たかった・・・!









最後に今回の3本を観て共通した感想。
それはやはり・・・

「古今東西、オナゴは強い」

です。笑。



*全ての写真はサイトからお借りしました。
Commented by アーモンド at 2009-10-03 20:54 x
私も、ココ・・シャネル観ました。フランスの風景と仏語の響きがここちよかったです。
シャネルに関する伝記本は何冊も読んでいたのでこの映画は楽しみでした。「シャネルになる前の話」とはいえもう少し仕事のシーンを出してほしかったかな。シャーリーマックレーン版のシャネルも観てみたいところ。!
シャネルは、70歳でメゾン復活、カーネルおじさんは65歳でフライドチキン屋はじめたりで、年老いても凄くパワーがあるところに尊敬です!
Commented by hamapuchi at 2009-10-04 01:41
三本とも、見てません。
時間があって、何か見たいとなったら、きっと
オドレィ・トトゥを見るでしょう。
空想趣味の不思議ちゃん、虐げられる移民、
非凡なユダヤ人予言者の末裔、そして、ココ・アヴァン・シャネル。
なんだか、縁あって、結構出演作を見てるんですよ。
でも、見る時間ないなぁ、きっと。
Commented by izola at 2009-10-04 15:01
>アーモンドさん、ココ〜は想像通りの映画で
絵にも言葉にもフランスを感じましたね〜。^^
確かにもう少し仕事の場面を見たかった気がします。
次から次へとシャネルを着こなしたモデルが
登場するラストは圧巻でした!
シャーリーマクレーン版のココシャネルもぜひ観たいです。

シャネルもカーネルおじさんも、情熱の人ですね。
見習わなければ・・・!
Commented by izola at 2009-10-04 15:04
>ハマピーさん、オドレイ・トトゥのシャネルは
はまり役だったと思います。
きっとハマピーさんもお気に召すと思いますので
機会があればぜひ。
最近はすぐにDVDが出ますから映画館で見逃したら
DVDで観てくださいませ〜。^^
by izola | 2009-10-03 14:28 | 映画/音楽/演劇 | Comments(4)