美山荘/'10 Spring (1)



b0035734_1716165.jpg



姉が着々とアメリカ記事を進めてくださっている中、
どんどん時間が逆行している次女です。。。

姉さん、すみませーん!^^;






今年も遅い春を求めて行ってきました。


京都市内から鞍馬を抜けて花背に向かう道沿いは
山全体が鮮やかな新緑の萌黄色や山藤の薄紫に包まれていて
ドライブしているだけで全身にマイナスイオンを浴びているようでした。

b0035734_17414833.jpg


道中には川の上に連なって泳ぐ鯉のぼりたちや・・・

b0035734_17171352.jpg


b0035734_17173094.jpg


満開に咲き誇る桜達にも出逢ったり。

b0035734_17285129.jpg










桃源郷への入口。

b0035734_17181186.jpg


車を停めて荷物を預けて真っ先に向かったのは峰定寺。

b0035734_17184020.jpg


杖を片手に本堂までの短いトレッキングで一汗かいたら
いつものように本堂の縁側に腰掛けて、
眼下の山里を眺めながら静かに鳥や樹々の声に耳を澄まします。

b0035734_17191099.jpg


下山したらそのまま美山荘の周辺を散歩。
今年は例年以上に春が遅く、八重桜も石楠花も雪柳も木通の花も
ちょうど盛りの時期でした。

b0035734_1719414.jpg


離れ沿いの寺谷川は芽吹き出した新緑と水面が春の陽光に
キラキラと輝いています。

b0035734_17204519.jpg


b0035734_1721030.jpg








ひとしきり散策を楽しんだら若女将が笑顔で迎えてくれました。
若女将に会うのもここに来る大きな楽しみのひとつ。

今年のお部屋は二間続きの「岩つつじ」。

b0035734_17213137.jpg


床の間には鮎の掛け軸と猫じゃらしのような姿が可愛い上溝桜(うわみずさくら)。

b0035734_17225099.jpg


襖絵はここで知って大好きになった徳力富吉郎。

b0035734_1723481.jpg


いつものアケビ茶、蓬餅、薄茶でほっと一息。

b0035734_17233821.jpg



お茶を飲んだらあとは特に予定ナシ。
とりあえず浴衣に着替えて月見台で昼寝か読書でもしましょうか。

b0035734_17264851.jpg


広々した月見台にひとりゴロンと寝転んで、
青空を流れてゆく雲の行方を眺めたり
風にそよぐ樹々の葉越しに透ける光や影の模様を楽しんだり
縁側に腰掛けて足元の川を元気に泳ぐ魚達の群れを目で追ったり
途中で運ばれて来た果実酒を飲みながらホロ酔いになったり・・・

最高に幸せなひととき。

b0035734_17262760.jpg


そうそう、余談ですが、
先日自宅で信ちゃんとTVを見ている時に流れていた
役所広司の出ているエビスビールのCMのロケ地の雰囲気が
美山荘に似てるよね、って話になりました。

で、別の日にちゃんと見たらやっぱり美山荘で、
しかもこのお部屋のこの月見台で撮影されててびっくり☆

そしてCMではまさに私がやっていたのと同じような事を
役所さんがやってて、思わずニンマリしてしまいました。

ちなみにそのCMはコチラです♪(*音が鳴ります)


b0035734_1725841.jpg









月見台で心ゆくまでゴロゴロしたらお風呂に入って母屋で夕食です。

b0035734_17283586.jpg

Commented by daniella at 2010-07-28 01:36 x
う~美山荘死ぬまでには行かないと・・・とお姉ちゃんのレポを見る度に
思います。お寺さんでの時間を含め、ここでの至福の時間が確実に
お姉ちゃんの血となり肉となってる感じやね~^^
CMも見てきちゃった♪
Commented by izola at 2010-07-28 18:25
>daniellaちゃん、死ぬ迄と言わずにすぐにおいで〜〜〜♪
ねーちゃんいつでも待ってるで〜〜〜♪♪♪

確かにここでの時間はただ好きな宿に泊まりに行くという
レベルを遥かに越えて私に必要な時間であり場所である
という気が年々しています。
CMいい感じでしょ。^^
by izola | 2010-07-27 19:34 | 美山荘 | Comments(2)