美山荘/'11 Winter(3)



b0035734_18172943.jpg



昨夜のお客様に翌朝も出会いました。^^






キーンと空気の澄んだ朝の月見台。
b0035734_1864159.jpg


氷柱を見るなんていつぶり?
b0035734_18422100.jpg


朝食も「山椒」の間で。
b0035734_1865114.jpg


おめざの梅湯ですっきり。
b0035734_1871218.jpg


汲み上げ豆腐の代わりに柔らかく炊いた丸大根。
b0035734_1873741.jpg


他はいつもとおんなじ。
b0035734_1874778.jpg



ごちそうさまでした。^^





食後の散歩。
峰定寺は11〜3月の間閉山されるので、この時期はいつもの本堂からの眺めを
見に行けないのだけが残念。でも雪の美山荘散歩も飽きることなく楽しめました。
b0035734_188105.jpg

昨夜の鹿は親子か夫婦で来てました。
こんな風に間近で鹿が見れるなんて、私達にとっては嬉しい事ですが
本当はあまり歓迎されることではないのです。

ここまで鹿が降りてくるということは山に食べ物がない証拠。
そして人里に降りてきた鹿達は今までは食べなかった草花の芽や葉を
食べてしまうので、鹿が食べてしまった草木花は枯れて絶えてしまいます。
猪も山百合の球根などを食べてしまうそうです。

美山荘の敷地や峰定寺の境内にある双葉葵や石楠花の花は
私が通い出したここ数年だけでも目に見えて減ってきました。
きっと山中の山野草も同じように徐々に減っているのだと思います。


毎年「変わらない」を確かめに来る大切なこの場所も
やがては変わってしまうのかもしれない。。。



そんな不安を感じながらも大自然の摂理に逆らう事は出来ません。

でも、ここに通う事で少しでもこの地の自然を見守り、
後世に残すお手伝いが何か出来ればいいなと思っています。

b0035734_1883618.jpg


いつもながらに楽しい時間はあっという間。。。
b0035734_1884984.jpg








帰りもバスで。(バス停まではお宿の車が送ってくれます)


最後にバス停で記念撮影♪
b0035734_189313.jpg


b0035734_1891248.jpg


sachiさん、冬の美山荘に行きたいと言ってくださって感謝です。
sachiさんがご一緒してくださったおかげで念願の冬滞在が叶いました♪


次はこの雪が解けて草花が目覚める春に戻ってきます。
Commented by まっつん at 2011-07-19 10:45 x
izolaさんこんにちは♪

美山荘レポ、楽しませていただいてます。
冬はこんなに雪深いんですね!びっくりしました。
お料理もお部屋も素晴らしいですが、何よりも種々の野草や野花あふれる
自然がizolaさんを惹きつけてやまないのですね^^

それにしても、鹿さんの写真はすごーい、と思ったのですが、
仰る通り、懸念すべき問題ですね。
鹿に悪気はないし、かといって草花が絶えてしまうのも忍びない…
こういうケースって日本全国、あちこちで聞きますよね。
自然界のバランスがどんどん崩れていっていることと、この酷暑は
やっぱりどこかで関係があるんだろうな、と思っちゃいます…

それにしても本当に素晴らしい。やっぱりいつか泊まりたい!
Commented by izola at 2011-07-19 20:06
>まっつんさん、こんばんにゃ♪

いつもながらの季節外れレポが(笑)楽しんでいただけて
良かったです。^^
豪雪地帯だとは聞いていましたが、京都市内からわずか
1時間ちょいで(一応ここも京都市内ですけど。^^;)
この積もりっぷりにはびっくらしましたー。

そうなんです、勿論美山荘自体や料理は素晴らしいのですが、
私がここに一番惹かれているのはこの宿を優しく包み込む
花背の四季折々の豊かな自然なんです。^^

鹿さんの件はきっとここだけでなく日本中で抱えている
問題なんだと思います。京トスカーナでも猪や熊の被害は
年々増えています。でもそれって動物が悪いというより
私達人間がどんどん野生動物達が住みにくい環境に
しちゃってるからなんですよね。
自然と人間と動物がどうにか上手くバランスを取って
生きて行かなきゃ私達の未来はないんだと、
ただただここから受け取るだけでなく、何かを返せないかと
ここに来る度に考えさせられます。
とはいえ、今すぐに出来る事もなくて歯がゆいのですけど。。。

ここはきっとまっつんさんにも好きになってもらえる場所
だと思いますから是非いつかご一緒しましょうね〜。^^
Commented by sachi at 2011-07-19 20:11 x
UPお疲れ様でした。
同時にありがとう ございます。

いやはや、この一年であちこちご一緒しましたが美山荘が一番サプライズが多かったですね!
鹿を見つけた時、ビックリで騒ぎたいけど近すぎて逃げないで~とハラハラした記憶があります。
美山荘。
なんでしょう…♪
私は懐かしい感じと大袈裟ですが大切に生きようと思いました。

又、行けるように頑張らないとなぁ~!
Commented by izola at 2011-07-19 20:30
>sachiさん、アップ遅くなりました&一緒に行ってくださって
本当に本当に有難うございました♪

sachiさんとはこの一年で色んな所にご一緒しましたねー!
冬の美山荘は私も色んな意味で新鮮な驚きが沢山あり、
より一層この宿とこの土地が愛しくなりました。
鹿さんは見かける度に二人でコーフンして大変でしたね。笑。

美山荘、私も訪れる度に懐かしいと感じます。
sachiさんにもここを好きになってもらえて
すごく嬉しかったです。

今度は季節を変えて行きましょうね。^^
私も頑張って働きます〜!
Commented by hiyoko at 2011-07-21 16:29 x
むふっ。(意味深な笑い…笑)
いやいや、美山荘、いいですねー。
春夏秋冬、どんな季節も心を奪われますね、きっと。

この鹿ちゃん、じーっと見ていて、なんだか今にも喋り出しそう。
こうしてみている限り、害を及ぼすなんて考えられないけれど・・・。
ここの景色にあまりにピッタリはまり過ぎていて。

izolaちゃんがここを桃源郷という気持ち、よくわかりますよん。
一度行ったら、何度でも行きたいと思いますよ。
東京の人は京都市内で時間を過ごすのが精一杯で、ここまで足を運ぶのは大変だけど、やっぱり何事も経験ですね。
行ってみなければ、いくら写真で素敵だと思っても、本当のよさはなかなかわかりません。
sachiさんも感動したのですね!
izolaちゃんに連れて行ってもらって本当に良かったですね~。
Commented by izola at 2011-07-21 17:46
>ヒヨコ姉さん、むふふのふ。(更に意味深な笑い。。。笑)
春夏秋は経験済みでしたが、冬の美山荘を訪れて完全に
ノックアウトされました〜!
やはりここが私にとっての桃源郷だと確信できた季節でした。

この鹿ちゃんたちはかなり人慣れしていて、近づいてもすぐに
逃げずにじぃ〜っとこちらを観察してるんです。
鹿達にしてみれば何の悪気もなくただご飯を食べに来てる
だけなんですよね。そんな鹿ちゃん達を害獣と呼ぶのは
人間の勝手な都合なんだなぁと申し訳ない気分になりました。

こちらに住んでいても遠いと感じる美山荘、その手前には
魅力たっぷりの洛中がありますから県外の方がここまで
足を運ぶのはなかなか難しいと思います。
でもひとたび足を運ぶとその魅力に取り込まれてしまうの
ですよね〜。
姉さんとも春夏秋冬、ここにご一緒したいです!
by izola | 2011-07-18 17:55 | 美山荘 | Comments(6)