美味しい年忘れ 2

年忘れ第2弾は弊社主催の忘年会です。

年末まで仕事でばたばたしていたので
何の計画も立てられずにいたのですが
やっぱり最後は忘年会で締めなあかんなーということになり、
急遽開催の運びとなりました。

が、急だし年末ぎりぎりだったので、来れる人だけで
こぢんまりとやりましょうという事で、私の独断により
お気に入りのイタリアン「ビオレッタ」を会場に決めました。
料理は御任せで、自宅に埋蔵していたトスカーナの赤ワインを
1本だけ持ち込みさせてもらう事に。

日頃数々のご迷惑をお掛けしているデザイナーさんやデコレーターさん、
協力業者のみなさんがお忙しいにも関わらず参加してくださいました。

お任せメニューは以下のとおり。

まずはアンティパストが2種類↓
「うずらのガランティーニ」フォアグラとトリュフをうずらで巻いた料理です。
次が「セロリとパンチェッタとそら豆のグラタン」ここにもトリュフがこんもり。
b0035734_17304084.jpg

前菜からいきなりハイレベルなメニューです。

次はプリモピアットが3種類↓
初めに見せてもらった活けオマール海老を使った
「オマールのスパゲッティーニ」と、
「ウニとホタテのリゾット」と、
「ホロホロ鳥とフォアグラと山栗のリングイーネ」
b0035734_17305563.jpg

どれもそれぞれの食材とパスタとの相性がバツグンで「ブオーノ♪」でした。

セコンドピアットは持ち込んだ赤ワイン(チニャーレ'93)に合わせて
「近江牛フィレ肉のソテー」。ドルチェは「ラズベリーのムース」↓
b0035734_1731791.jpg

近江牛はほどよい赤身が咬む程に味が出て、先日のすがはらのお肉とは
全く違うおいしさでした。
ワインはきちんとしまってても5年程ほったらかしだったので、
ダメになってるかもしれないなぁ〜と思いましたが、
なんとかおいしい時期を逃さずにすみました♪

そして最後のオマケは協力業者R社の営業Nくんです。
格闘技ファンの彼の為に、私が愛と感謝の気持ちを込めてプレゼントした
マスクをかぶっての登場!さすが、ファンだけあってポーズもさまになってます。
ちなみに彼はクリスマスイブに東京で「ハッスル」してきたそーです。(笑)

昨年は某カタログの仕事で彼には散々迷惑をかけましたが、いつも
笑顔で対応してくれて本当に感謝です。ありがと==!

宴の最後はひとりずつ昨年の感想と今年の抱負を語ってもらいましたが
皆さんそれぞれの素晴らしいお言葉を聞かせていただき、
自分のためにも皆さんのためにもより一層、気合いを入れて前進して
いかなければいけないな、と痛感いたしました。

集まっていただいた皆さんとは、クライアントとか業者とかそういった
利害とは全く関係なく、それぞれ個人として大好きな人達です。
利害を無視しても尊敬できる人であること、が私が仕事をする上でも
人づきあいをする上でも一番大切に考えていることなので、
このような素敵な人達と仕事を通じて知り合う事が出来て、
本当に幸せに思います。
(今回の忘年会には参加されていない方々も含めて)
この場を借りて、皆様これからも末永く宜しくお願い致します。m(_ _)m
by izola | 2005-01-08 17:45 | グルメ | Comments(0)