ワインは楽しい♪

前回ご紹介した「ALLISON」を購入した「イルムス」で
エノテカ協賛の無料ワインセミナーがあったので
H様と共に参加してきました。

せっかくなので、ランチもしましょうという事で
ハービスエント5Fのワインと天麩羅の店「あげさんすい」を予約して
ランチも楽しんできました。

ハービスエントのレストランフロアには初めて上がりましたが
どの店もすご〜くお金かけてます!って感じの華やかな造りでびっくり。
ここはショップ以外の環境の部分もやたらとお金がかかっていて
劇団四季が入っているからか、劇場をイメージしたという内装は
ちょっとやり過ぎ?って思うくらいゴージャスです↓
b0035734_2057517.jpg

私的にはどこもかしこもクド過ぎてちょっと・・・・ですが、
ヒルトンとリッツの間の子だからこうなっちゃったんでしょうか?

それはさておきワインセミナーですが、実際はセミナーというよりも
エノテカのワイン&イルムスのグラスや雑貨類の宣伝といった要素が
強い内容でしたが、ワインに関してはとてもコストパフォーマンスの高い
いいものを紹介していましたので参加して良かったです。
テイスティングの域を越えた量をサーヴしてくれましたし。
普通にグラス1.5杯分くらいいただきました。
ランチ時にも「泡」を飲んでいた(H様は+「白」)二人は
昼間から軽い酔っ払い状態。

*その後まんまと策略にはまって二人とも隣りのエノテカに流れ込み、
ワインを大量にお買い上げ。(H様はダース単位)。笑
b0035734_20572632.jpg

紹介されたワインはボルドーの5大シャトーのひとつの
シャトー・ムートン・ロスシルドが南仏ラングドックに所有する畑から
生産された「バロン・フィリップ・ド・ロスシルド」。

白はシャルドネ、赤はカベルネという王道な品種のワインでした。
エノテカの販売価格で2000円ほどの商品で、格付け的にはランク外の
「ヴァン・ド・ペイ(地酒)」ですが、どちらもしっかりとした樽香があり
特に白の方は飲みはじめはさっぱりとした口あたりながらも、
後から徐々に複雑な余韻を感じるなかなかの逸品でした。
普段は「白」よりも断然「赤」派ですが、これに関しては白の方に軍配。

ワインに詳しい方はエチケットにも注目です。
5大シャトーの方のムートンは毎年違う画家が描くエチケットのデザインで
有名ですが、こちらのエチケットの絵はムートン'62のデザインを担当
した画家ロベルト・マッタ・エチョーレンの作品だそうです。ほぉ〜。

ワインにはそんな物語がある所も楽しいですね。
ちなみに私の生まれ年のムートンのエチケットのデザインはミロによるもの。
(あ〜歳がばれる〜〜。笑)
年末に忘年会に持ち込みするために自宅の埋蔵ワインを発掘していた所、
このミロのムートンがポロリと出て来ました。
2本いただいた内の1本はすぐに飲んだのですが、しまっていたもう1本の事は
すっかり忘れてました。
まだ飲めるのかな〜???

勇気を出して今年の誕生日にでも飲んでみようか or
ダメになってる可能性の方が高いから事務所に飾ってるラフィットと共に
ディスプレイしておこうか思案中。。。
Commented by ayuice at 2005-01-17 23:58
イルムスとエノテカが一緒にセミナーをやるなんて素敵!
買う気がなくてもついつい買っちゃいますよね。
ワインはあまり詳しくないのですが、エチケットを見るのは大好きです。
CDの「ジャケ買い」のように「エチケット買い」をしてしまうほど。
エチケットで一目惚れしたワインってあまりハズレが無いのが不思議です。
Commented by izola at 2005-01-18 02:43
>ayuiceさん、横浜のイルムスでもエノテカとのコラボセミナー
やってるみたいですよ。毎月やってるそうなので今度
行ってみられては?定員制なので、早めに予約しないと
いっぱいになると思いますが。
私もそんなにワインに詳しいわけではなく、B型的性格で
好きなワインだけちょっと知ってる程度。
エチケットは重要です!エチケット買いはしちゃいますよね〜。
最近はスタイリッシュなデザインも増えて悩ましい限り。
Commented by HamaPuchi at 2005-01-18 09:35
ミロのエチケットでしょ…。
むかし、調べたことあって、自分もミロです。
はぁ…、同い年なんですね、きっと。
で、ディスプレイに一票。
…、いろんな意味で。(笑)
ちょっと、毒のある満腹大王でした。
Commented by 55aiai at 2005-01-18 13:18
シャトー・ムートン・ロスシルドのワイン、私も以前エノテカ主催のワインセミナーでいただきました。
どうもそれ一等だったらしいのですが、2万円くらいするものでした。嬉しかったです。
私はワインは好きなのですが酔ってしまうので控えているんです。
体質が合わないみたいで・・・。こうやってizolaさんのお話とか聞いてるとワインいっぱい飲める体に生まれたかったわ・・・(笑)。
Commented by izola at 2005-01-19 14:42
>ハマピーさん、やはり大王にはバレましたか〜
密かに年は近いかな?と思っておりましたが同じ年とは。

>で、ディスプレイに一票。
ははは、やはりそうですよね。
ボルドーは出来がよくない年ですもんね。
1本目も抜栓した時の香りは素晴らしかったですが、
デキャンダに移す間にピーク越えちゃったかな?
って感じの味でしたから。
味を楽しむというよりは想い出を楽しむという事ですね。
お前もここまでよく頑張ったなぁ〜とか言いながら飲んで
あげたりして(笑)

>…、いろんな意味で。(笑)
なんとなく言いたい事はわかりますヨ!(笑)

それでは大王のアドバイスに従ってラフィットちゃんと共に
飾ってあげることにします♪
Commented by izola at 2005-01-19 14:47
>55aiaiさん、ムートンが当たるなんてラッキーですね!
安くてもン万円しますからねぇ。
さすがエノテカ、太っ腹です。

私もあまりアルコールは強くないので
「いっぱい飲む派」ではなく「一杯飲む派」です(笑)
周囲は「い〜〜〜っぱい(ザルのごとく)飲む派」ばかりで
大変ですが!(爆)

ワインは体質に合ってるというよりも、お酒の中でも
「ゆっくり飲んで許される酒」だから飲むようになったという
部分もありますが、色んな物語やオシャレなワイングッズが
ある点もワイン好きになった大きな要因です♪
Commented by HamaPuchi at 2005-01-20 09:44
想い出を楽しむ…、いいですね。
ほぼ同じ時間を蓄積した、自分とワイン。
その時間を、感じられるひと時は、美味い不味いで片付けられない
ような気がします。
不惑まで大事に保管して、飲んじゃったらどうでしょう。
と、いうことでディスプレイ支持を撤回!(笑)
Commented by izola at 2005-01-21 17:33
>ハマピーさん、レス遅くなりました!

こういったワインは味うんぬんよりもそれにまつわる自分と
ワインの物語を楽しむといった要素が強いですよね。

こんな偉大なワインを美味い不味いと語れる程、
知識も経験もないですし!(笑)

それでは再び大王のアドバイスに従って、「不惑」まで
そのまま埋蔵しておいて、ぱ〜っと飲みます!
by izola | 2005-01-17 21:08 | グルメ | Comments(8)