ザ・キャピトルホテル東急/'12 May & more


<Premier Corner Twin/Deluxe King>


b0035734_19324329.jpg





昨秋滞在して以来、今都内で一番好きなホテルが
「ザ・キャピトルホテル東急」







ザ・キャピトルホテル東急の前身は1963年開業の東京ヒルトン。

ヒルトンとして20年間営業した後1984年から東急ホテルチェーンの
フラッグシップ・ホテルとして「キャピトル東急ホテル」に改称、
2006年に施設の老朽化と再開発の為閉館し2008年から3年間の工事を経て
2010年10月に「ザ・キャピトルホテル東急」として再オープンしました。



東京メトロ溜池山王駅直結の大変便利な場所にあるこのホテル。
実は改装前は一度も訪れた事がありません。



赤坂って以外と利用する事がないエリアだったので盲点でした。
でもよく考えると都内の何処へ行くにも比較的アクセスが良いと気付いて
一度利用したところ、静かで落ち着いた環境と気持ち良いサービス、
ロビーに飾られた草月流の生け花が大変素晴らしく、
以来機会がある毎に利用しています。



都度写真は撮っていたものの、なかなかまとめられなかったので
今年春の滞在から遡ってまとめてアップしました。





溜池山王駅の改札を出たらすぐに地下の入口です。
この奥からEVでロビーへ。

b0035734_19333132.jpg





こぢんまりとしたロビーは直線と白木、石、水、ガラス、スチールで
構成され、美術館や寺院を思わせる無駄なく落ち着いた空間。

デザインは隈研吾氏。
なるほど、サントリー美術館や根津美術館と通じる雰囲気です。




b0035734_20212495.jpg






ロビーの中央には水の張られたステージがあり、
月毎に草月流の大胆且つ美しい季節のアレンジを見る事が出来ます。

b0035734_19324313.jpg





五月は伸びやかに流れる竹にデルフィニュームと大手鞠。

b0035734_1933468.jpg







b0035734_1934357.jpg






1Fのホールにも同じ花材を使ったアレンジ。

b0035734_1933543.jpg






ロビーからフロントへ向かう通路横にはこんな風に毎月違う花が
活けられています。

b0035734_1934666.jpg






客室通路。絨毯は水の波紋をイメージした柄。
館内は客室も含め、デザインも色合わせもシックな和モダンテイスト。
ゲストの年齢層が高い事を伺わせます。

b0035734_19343210.jpg





「プレミアコーナーツイン(57平米)」

b0035734_19353851.jpg






白、グレー、ベージュ、江戸紫でまとめられた客室はキリリとした
和の美しさと落ち着き、ホテルとしての快適性を兼ね備えた空間。

b0035734_1935531.jpg






家具や備品はどこまでも無駄のないシンプルな造形。

b0035734_1936222.jpg






デスクカウンターは充分な広さ。wi-fiフリーでビジネス利用も快適。

b0035734_19361029.jpg






バスルームはビューバスでハンド+レインシャワーあり。
洗面はダブルシンクで脱衣カゴ付きスツールが置いてあります。

b0035734_19363337.jpg






この日は仕事で遅くなったのでルームサービスの天丼で夕食。
美味しかったです♪
名物の排骨拉麺(パーコーメン)もとっても美味しいけど
夜中に食べるとかなり危険なボリュームとカロリー。^^;


b0035734_19371351.jpg






プレミアコーナールームは2面が大きな窓で爽快な眺め。
この日は国会議事堂ビュー。



b0035734_19371598.jpg






客室の平面図。(*ホテルHPより拝借)

b0035734_19364872.gif
















今年4月の滞在。(客室は撮り忘れ。PCT泊。)





石楠花が鮮やかでした。

b0035734_2093740.jpg







b0035734_2094836.jpg







b0035734_2095750.jpg







b0035734_2010657.jpg




ロビーフロアにあるオールディダイニング「ORIGAMI」
ブイヤベースセットとマンゴーパフェ。
こちらは季節のパフェが絶品です。


b0035734_19372912.jpg













昨年12月の滞在は連泊。


b0035734_20105181.jpg





流木に杉と蔓ウメモドキや実ものを大胆に合わせたアレンジ。

b0035734_20103717.jpg







b0035734_20111246.jpg






プレミアコーナーツイン。


b0035734_20112574.jpg






日枝神社ビュー。

b0035734_2011379.jpg






b0035734_20124175.jpg





2日目の朝に55aiaiちゃんがお部屋まで朝ご飯を食べにきてくれました。^^
和洋どちらも丁寧に作られた上質な朝食。エシレバターが○○。

b0035734_20113354.jpg












昨年11月の滞在。




大きな枝にフォックスフェイスと風船唐綿、アセビ。
秋らしい美しさ。

b0035734_20182196.jpg








b0035734_20183098.jpg







この日は「デラックスキングルーム(45平米)」に滞在。



写真ではわかりづらいので最初に平面図を。
(*ホテルHPより拝借)


b0035734_18455323.gif





このカテゴリはレイアウトがちょっと変わっています。


b0035734_20183947.jpg






b0035734_20184841.jpg





内装や家具・備品類はプレミアルームと同じですが・・・

b0035734_2019132.jpg





少し違うのは部屋の中央を仕切る大きな障子パネルがあり、
これを左右に動かす事で室内の雰囲気がガラリと変わる点。

b0035734_20191337.jpg






全面閉めるとなんだか旅館の和室のような感じ。

b0035734_20192453.jpg






ベッドの横はガラス張りのバスルーム。
障子を右にスライドすると見えなくなります。

b0035734_2019327.jpg






パネルをずらして窓のブラインドを上げるとビューバス。

b0035734_20195694.jpg






クロゼット&洗面。
クロゼットがばばーんとオープンなのが気になりますが、
引き出しやハンガーの数は充分にあり使い勝手は良いです。

b0035734_20194685.jpg








夜景。

b0035734_2020780.jpg







朝の室内。

b0035734_20201514.jpg







今回も日枝神社ビュー。

b0035734_20202434.jpg








1人ならこの部屋で充分。でも個人的にはレイアウトや雰囲気は
プレミアルームの方が好みです。













昨年10月の滞在。





先を割ってくるくると巻いた青竹に小さな柿がびっしりついた枝を
合わせたインパクトのあるアレンジ。

b0035734_20205341.jpg








b0035734_20216100.jpg







b0035734_20212094.jpg








b0035734_20213056.jpg







プレミアコーナーツイン。

b0035734_20213696.jpg






全体にベッドや家具の高さを抑えてあるのは年配のゲストの使い勝手を
考慮してでしょうか。

b0035734_2021447.jpg







b0035734_20223997.jpg







b0035734_20215413.jpg






絨毯やファブリック、壁紙やアート等に使われているモチーフは
水や石や草木や雲のような自然をイメージさせるものばかり。
きっとこれも和やかさを感じる要因ですね。

b0035734_20225068.jpg






プレミアルームはウォークイン・クロゼット。

b0035734_20235024.jpg






グリーンティーとフレッシュバンブーの香りのバスアメニティ。
その他のアメニティは洗面カウンター上の重箱のようなケース内に
ぎっしり詰まっています。

b0035734_2024241.jpg






夜の室内。

b0035734_2025546.jpg







b0035734_20251719.jpg








国会議事堂ビュー。

b0035734_20253134.jpg






そういえばロビーで一度、有名な政治家を見かけました。
国会議員や関係者はよくこちらを利用するんでしょうね。

b0035734_20255517.jpg






首相官邸。

b0035734_20254356.jpg













ホテル内の中国料理「星ヶ丘」でランチ。

b0035734_20261637.jpg




平日限定の「ふかひれあんかけセット」は
前菜からデザートまで充実のボリューム。

b0035734_20265716.jpg







b0035734_2027799.jpg






赤坂という便利な立地、こぢんまりと静かで落ち着いた雰囲気と客層、
旅館のような温かで細やかなサービスは外資系ホテルのキビキビした空気や
気持ちが沸き立つような華やかさはありませんが、仕事でもプライベートでも
気負いなく心身を委ねられる穏やかな心地良さがあります。
Commented by sumi2211 at 2012-08-17 01:04
なるほど・・こんな風に生まれ変わったのですね!
改装直前の古〜い様子しか知らないので 驚きです。
しかも溜池山王駅ができたから、アクセスも良くなりましたね。

キャピトルといえば、かつてはビートルズ・・と言われますが
最近でも海外の若いアーティストからの ご指名も多いと聞いた
ことがあります。レストランでは、季節柄メニューにはない
「スイカ」を注文されていた 政治家らしき老紳士に驚いた
こともありました。ナイフとフォークを使って・・・(笑)
一層素敵なホテルになりましたね。
Commented by izola at 2012-08-17 22:10
>sumiさん、新生キャピトルにはまだ行かれてないのですね。
とても素敵なホテルになっています。^^
私は旧キャピトルを知らないのがとても残念です〜。

ロビーやレストランにいると名前や顔はわからなくても
いかにも政治家及び関係者っぽい方々が多いですね。
一度アーティストらしき方も目撃しました。
様々な人が出入りする場所と雰囲気ではないから
お忍びで滞在したい人には落ち着くんでしょうね。
私はお忍びではありませんが(笑)あのこぢんまりとした
ロビーと雰囲気と生け花がとても好きです。^^
by izola | 2012-08-17 00:00 | ホテル(東京) | Comments(2)