祇園 末友




b0035734_21123757.jpg




ハイアットをチェックアウトしたら三条~寺町界隈で散策
→祇園でランチ。







訪れたのは八坂通りの建仁寺南門前にある「祇園 末友」。
祇園の名店「丸山」や「花霞」で修行されたご主人が独立開店された
京料理店です。

b0035734_2114482.jpg







b0035734_21203799.jpg





真っ白な暖簾をくぐって扉を開けると水が打たれたばかりの小さな庭。


b0035734_2122516.jpg






その先にある引き戸の向こうで柔らかな笑顔と目にも涼やかな氷柱が
迎えてくれました。


b0035734_2115394.jpg





縁台に腰掛けて氷柱から静かに流れる風を感じながら梅酒をいただくと
すぅっと汗が引いていきます。

b0035734_212390.jpg













汗と共に心地良く気持ちが引き締まった頃にカウンターへ移動。




カウンターは美しい白木の一枚板。(別に個室あり。)
室内には靴を脱いであがりますが掘りごたつ式ではなく椅子に座る
スタイルです。

装花は可憐な河原撫子、桔梗、水引草。

b0035734_2125511.jpg





青瓢簞やホオズキを器に旬の食材を少しずつ乗せ、清流にたゆたう
草葉のように美しく散らされた八寸を受け取って食事がスタート。

b0035734_213122.jpg






まずは黄金色のかわらけ盃に注がれた日本酒で一献。

b0035734_2131915.jpg






青瓢簞には五穀豊穣と無病息災を願う紙縒りが結んでありました。

b0035734_2142434.jpg





美しい日本の四季を一皿の上に鮮やかに切り取り、
自然の恵みや神、人々への感謝や願いをそっと封じ込めた八寸を見ると
日本料理の粋と真髄を感じます。

b0035734_2185784.jpg







貝模様の漆椀はとろみをつけた出汁に揚げ胡瓜と白きくらげを入れたもの。

b0035734_2134185.jpg


揚げた胡瓜というのは初めていただきましたが、あまり瓜くささはなく
ズッキーニのような食感でした。





向附は氷を敷き詰めた素焼きの大皿にたっぷり乗った烏賊と金目鯛。

b0035734_2135298.jpg




金目鯛は皮目をさっと炙ってあり、脂が乗って柔らかくて美味♪
烏賊も新鮮で甘かったです。
奥のガラス器に入っていたのは糸もずく。

b0035734_214071.jpg






木の葉が乗った小さなグラスの中はじゅんさい、茄子のピューレ、
玉蜀黍のピューレが重なったポタージュのようなもの。
玉蜀黍の甘さが際立っていました。

b0035734_2141766.jpg






焼き物は鱧の蒲焼き。ふんわり乗った糸唐辛子と共に。
関西の夏はやっぱり鱧ですね。

b0035734_2143168.jpg






最後の料理は賀茂茄子とししとうと牛肉の炊き合わせ。
たっぷり乗った実山椒の香りと痺れる辛みがよく合います。


b0035734_2144044.jpg





食事の合間にさりげなく出された爪楊枝。
よく見るととっても細くて長ーい。下のトレイも素敵。
こういうお店は内装、室礼、器等、それぞれに趣向をこらしていて
爪楊枝ひとつも見逃せません。

b0035734_2145391.jpg






白ご飯は土鍋で炊いた美山のコシヒカリ。炊きたてのピッカピカ。^^

b0035734_2151882.jpg






水茄子と長芋の漬け物&昆布、ずいきの赤出しと一緒にいただくと
ご飯が進んでついついおかわりしちゃいました。

b0035734_2153674.jpg





水菓子は葛切りと氷餅をまぶした柚子アイス&はちみつのジュレ&
ピオーネの2種盛り。どちらも涼しげ〜♪

b0035734_2154775.jpg




白ご飯が終わった時点で「もーダメ、お腹はち切れる〜!」
と叫んでいたけれど、やっぱりデザートは別腹です。(笑)





お抹茶をいただいたらほんとにほんとにもうお腹いっぱい。

b0035734_2155655.jpg






最後にレモン茶なるものも出てきました。
麦茶にレモンを入れたもので、すっぱいコーン茶のような感じでした。

b0035734_21675.jpg





こちらのランチはコースで5500円(+サービス料)。


お店の雰囲気や室礼、サービス、料理の内容を考えると驚きのコスパでは
ないでしょうか。昼からこんな太っ腹にやっちゃって大丈夫?とこちらが
心配になる程で、美しい八寸としっとり京都らしい風情漂うお店の雰囲気を
味わうだけでも充分値打ちありな感じでした。


あえて贅沢を言わせてもらえば、二品目の椀はシンプルに出汁の旨味を
味わえるものがよかったなと思う事と、男性でも満腹になりそうな
ボリュームだったので、最後まで残さず美味しく食べ切るにはもう少し
全体量が控え目な方が嬉しいです。


でも昼からここまでやってくれる心意気は本当に素晴らしいと思いました。




次回は朝ご飯抜きで伺います♪
Commented by まっつん at 2012-08-17 13:44 x
izolaのオトンこにゃにゃちは☆
記事と写真を拝見しながら、そうそうそうだったー、と
記憶を呼び起こしておりました。
こちらは本当に驚きのコスパでした
お昼からこんなに贅沢していいー、しかもこの値段で!
とびっくりしましたよね。。。
どれをとっても夏らしく涼しげで、目も舌も大満足でした。
次回の訪問時は、朝のパンは抜きでね~(笑)

また一緒に行きましょうね!o(^-^)o
Commented by izola at 2012-08-17 22:13
>まっつんさん、こんばんにゃんこ☆
ホテルに続いて美味しい楽しい幸せな時間でしたね〜♪
本当に、昼からあんな贅沢な雰囲気を味わえるなんて
コスパ良すぎです。
朝ご飯のパン2個をあれほど悔やんだ日はありません。
次回はパンだけでなく朝ごはん抜きで腹ペコで挑みます!(笑)

是非また一緒に行きましょうね〜♪♪
by izola | 2012-08-16 00:00 | グルメ | Comments(2)