ケルン&パリ2012/13


<Maison & Objet>


b0035734_17283871.jpg




2ヶ月ぶりにパリに戻りました♪


パリ2日目は朝から「 Maison & Objet(メゾン・エ・オブジェ)」へ。







M&Oは「家とモノ」という展示会名が示す通り、家具、照明、雑貨、
テキスタイル、ガーデン用品等々ホームファニシングに関するありとあらゆる
モノを集めた展示会。(1月と9月の年2回開催)

イタリアで開催されるミラノサローネと並んで世界的に有名な展示会で
一度でいいから見に行きたいと思っていました。




M&Oが開催されているのはシャルル・ド・ゴール空港の手前にある
「パリ・ノール見本市会場」。日本で言う東京ビッグ・サイト。


ホテルから会場までは地下鉄でオペラ駅からGard du Nord(北駅)
まで行き、RERのB3線に乗り換えてParc des Expositions
(パルク・デ・ゼクスポジション駅)で下車。

b0035734_1651379.jpg




b0035734_1652423.jpg




b0035734_1653478.jpg




b0035734_1654572.jpg




北駅から約20分で到着。

b0035734_1655648.jpg






駅を出たらすぐに会場前。

b0035734_1661330.jpg








b0035734_1662115.jpg





入場パスはimm cologne同様インターネットで申込み&購入出来ます。
会期は5日間で入場料は60€。(早めに申し込むと45€で購入可。)

ネットで申込み→カードで購入手続きをすると入場パスのデータを
ダウンロードできるので、データをプリントアウトして会場へ
持っていけばそのまま入場パスになります。↓↓↓↓↓

b0035734_16121182.jpg



会場に着いたら入口前のパスホルダーを取り、プリントアウトした入場パス
の左上(氏名、会社名、バーコードの部分)を切り取ってホルダーに入れて
首から下げ、バーコードチェックを受けて入場すればOK。
(パスホルダーは帰りに返却)


M&O日本語案内


b0035734_1663682.jpg





会場内はテーマやジャンル毎に9会場に分かれており、13万平米の広大な
展示スペースに世界中から3000ブランド以上が出展しています。
(2012春夏展の来場者は8.6万人。)

b0035734_1665042.jpg





imm cologneの時と同様、最初にSからおおまかな見所を聞いて
気合いを入れていざ見学スタート☆



会場内は一応撮影禁止だったので写真はほとんど撮っていません。
むしろその方が良かったです。

全体の雰囲気はこんな感じで↓(これで1会場。^^;;;)
とにかく目眩がするほど広大なのでサクッと見るだけで精一杯。
都度足を止めて写真を撮っていたらいくら時間があっても足りません。

b0035734_16164669.jpg





私はインテリアデコレーション、ホームアクセサリー、テキスタイル、
クリエイターの会場をメインに廻りました。
家具はケルン・メッセで見たのでさらりと。



会場のテーマや出展ブランド等については入場パスを購入すると次々と
事前情報がメールされてくるので渡仏前にチェックして、ある程度内容や
会場レイアウトを把握しておくと現地での移動ロスが最小限ですみます。


b0035734_1617181.jpg




とはいえ、とにかく1つの会場がハンパなく広いなのであとはひたすら
根性と好奇心を持って歩き続けるのみ!!!



b0035734_16172173.jpg






*以下9枚はSが撮った写真


b0035734_2002358.jpg





b0035734_16181690.jpg





b0035734_16183167.jpg





b0035734_16184372.jpg





b0035734_2005573.jpg





b0035734_2011147.jpg





b0035734_2013055.jpg





b0035734_2014581.jpg





b0035734_202427.jpg




これはほんの一部の写真なので全体の空気感やスケール感、華やかさを
伝えられないのが残念。


会場内にはヨーロッパを中心に世界中のインテリア製品が溢れているので
最新のインテリアトレンドを目に出来るのは勿論の事、各ブースでは
デザイナーや出展者が商品の説明をしていたりバイヤーが交渉していたり
プレス関係者、見学者が次から次へと訪れていてものすごい熱気と賑わい。
そんな様子を見ているだけでもワクワクしました。

ブース内は全て自由に見学が出来ます。
買付け目的の人は個人でも会社でも直接交渉する事が可能。

私は見学だけだったので1日でなんとか見て回れましたが、
商談を考えて行く場合は最低3日間くらいは時間を取らないとゆっくり
チェック&交渉出来ないと思います。










その他にM&Oで楽しかったのは会場内の至る所にあるカフェやワゴン。
様々な有名店が出店しているので歩き疲れたらコーヒーを飲んだり
お菓子をつまんだりサンドイッチを食べたり。

こまめに休憩しながら夕方まで歩き続けました。



<illyカフェ>

b0035734_16185944.jpg





<LADUREEワゴン>

b0035734_16191197.jpg





<JAPAN DAILY(日本食コーナー)>

b0035734_16202991.jpg




b0035734_16204219.jpg





<OLIVIERS&CO.カフェ>

b0035734_16192591.jpg





<マリアージュ・フレールのサロン・ド・テ>

b0035734_16193852.jpg




等々、とにかくそこら中に飲食施設があるので手ぶらで来て一日中
会場内にいても飲み食いには困りません。












最後に見学したクリエーター会場では2012年の
クリエイターオブザイヤーの1人に選ばれた吉岡徳仁コーナーで
ご本人も見かけました。今や世界のTOKUJINですネ。


b0035734_16205420.jpg






インテリア業界の方、インテリアに興味のある方は見に行くだけでも
最高に楽しい展示会です。^^





メゾン・エ・オブジェ2012秋冬展の詳細はコチラ
by izola | 2012-08-20 19:51 | ケルン&パリ2012 | Comments(0)