ケルン&パリ2012/17


<Atelier Brancusi>



b0035734_229612.jpg




またまたメトロに乗ってRambuteau駅へ。







次の寄り道はジョルジュ・ポンピドゥ-芸術文化センターの前にある
「アトリエ・ブランクーシ(Atelier Brancusi)」

b0035734_18492140.jpg




20世紀を代表する彫刻家でイサムノグチの師でもある
コンスタンティン・ブランクーシのアトリエを生前のまま
再現した空間です。


3年前、入口まで来たものの、開館時間が14:00〜だったので結局
ポンピドーだけ見てここには入れずじまい。
その時必ず再訪しようと密かに誓っておりました。


*前回のポンピドー記事はコチラ











建物の手前では若いアーティストが彫刻作品を製作中。
未来のブランクーシかな?

b0035734_18432659.jpg






さて、3年越しでようやく中へ。

b0035734_18433674.jpg






建物内部は4つのアトリエに区切られていて手前の2つには代表作
「無限柱(Colonnes sans Fin)」を始めとする作品群が展示されています。



b0035734_1845692.jpg







b0035734_18441797.jpg






ブランクーシの作品はミニマル・アートと呼ばれるあらゆる装飾を排し
最小限の造形で表現された彫刻。

b0035734_18442542.jpg








b0035734_18452898.jpg






無造作に配された彫刻達は一見すると単純で原始的なフォルムで
中にはまだ製作途中?と思うようなものもたくさん。

b0035734_18453725.jpg






でもそんな作品たちをアトリエ前の椅子に座ってゆっくり眺めていると
ある時は森の中の樹々や草花、鳥や動物達に見えたり、
次の瞬間には大都会の中のビルや人や家や車に見えたり・・・と、
見る者の心を反映して様々な景色を描き出す不思議な力があります。




b0035734_1846626.jpg





じっと見てるとな〜んか落ち着くんですよね。


b0035734_2271122.jpg








b0035734_2274576.jpg













3つめのアトリエは実際に製作していた作業場がそのまま再現してあり、
壁にはノミや金槌やペンチ等の工具類がびっしり並んでいました。


b0035734_22121394.jpg








b0035734_1847254.jpg








b0035734_1847356.jpg





飴色に使い込まれた道具たちは作品と同じような温かな雰囲気。


b0035734_18471010.jpg







最後のアトリエは床や棚に作品がコロコロと置いてあり、
今にもブランクーシが出て来て製作の続きを始めそうでした。

b0035734_22125151.jpg







b0035734_18474556.jpg








b0035734_18395554.jpg





次の機会があれば本を持参してアトリエ前のベンチでのんびり読書して
過ごしたいな。(ここは入館料無料です♪)



**************************

住所 : place Geroges Pompidou 75004 Paris
開館 : 水曜~月曜日 14:00~18:00
入館料 : 無料
メトロ : 1・4・7・11・14番線Châtelet、11番線Rambuteau

***************************
by izola | 2012-08-25 20:00 | ケルン&パリ2012 | Comments(0)