ケルン&パリ2012/19


<La Fontaine De Mars/Tour Eiffel>


b0035734_20542958.jpg




長い散歩から戻ったらSと待ち合わせて夕食に。







メトロで向かったのはサン・ドミニク通り沿いにある老舗ビストロ
「ラ・フォンテーヌ・ドゥ・マルス」


b0035734_20555548.jpg




伝統的なビストロメニューが食べられるお店という事で
カスレを食べに行きました。


店内は温かな色合いの木目と赤いブロックチェックのクロスが可愛い
家庭的な雰囲気で、きびきびと明るく気持ち良いサービスも好印象♪

b0035734_21284689.jpg




この日は予約せずに飛び込みで入店。
早い時間だったのでなんとか席を用意してもらえましたが入店直後から
続々とお客様が入ってあっという間に満席になってしまったので
ここが目的ならきちんと予約してから行く方がいいかもしれません。

b0035734_20573162.jpg





色々気になるメニューがありましたがメインは迷わずカスレ。
その他はカスレのボリュームを想定してスープとサラダだけにしました。
+デザートにアイスクリーム。

b0035734_20574891.jpg





最初はもっと食べれるんちゃう?と言っていたSもカスレの鍋がドーンと
目の前に出された瞬間にオーダーは正解だったと納得。笑。

b0035734_2134208.jpg




スープもカスレもとても丁寧に作られていて美味しかったです。
料理も雰囲気も、あぁパリのビストロに来たんだなぁって嬉しくなる感じ。



b0035734_20575554.jpg




でもボリューム的には2人よりは大人数の方がより楽しめるので、
いつか奇跡的に美食会@パリが実現する事があればみんなで突撃したい!
なんて妄想しちゃいました。^^




b0035734_2058398.jpg






サン・ドミニク通りは前回食べに行って感激したカフェ・コンスタンや
レ・ココット等、クリスチャン・コンスタン氏のお店も並ぶグルメ通り。

パリでご飯に悩んだ時は、とりあえずサン・ドミニク通りに来れば
美味しいものが食べれそうです。^^


カフェ・コンスタン&レ・ココット訪問記事はコチラ











食後は腹ごなしにそのままエッフェル塔まで散歩。


b0035734_2125661.jpg





ライトアップでド迫力のエッフェルを色んな角度から見上げてみる。


b0035734_2131055.jpg






b0035734_2132362.jpg






b0035734_2133440.jpg






意外と夜の方がディテールがしっかり見れます。


b0035734_2134351.jpg





真下からのアングル。

b0035734_214217.jpg








b0035734_2143150.jpg






足元のメリーゴーラウンドもライトアップ。

b0035734_2145448.jpg






イエナ橋を渡ってトロカデロ庭園へ。

b0035734_215548.jpg






夜のセーヌ川

b0035734_22155035.jpg






橋の途中でライトアップが始まったので立ち止まってキラキラ輝く
エッフェル塔をしばし見学。

b0035734_2152354.jpg







庭園の池にエッフェル塔が映りこんでいます。

b0035734_21131195.jpg







シャイヨー宮のテラスから見たエッフェル塔。

b0035734_2154228.jpg






いつかまた、会いに来れるかな。
Commented by moon-pon at 2012-08-28 21:20 x
私も先日パリへ行ってきたのです。
でも、娘と二人だったので、遅い夜の外出はできませんでした。
エッフェル塔のライトアップ見たかったのだけど・・・。
ここで見られたのでよしとしましょ。^^
真下からのアングルなんて、ちょっと見られない、面白い♪
Commented by izola at 2012-08-29 16:14
>moon-ponさん、パリからお帰りなさーい!
娘さんと一緒のパリはまた違う目線で楽しかったでしょうね♪
エッフェルはたまたま近くでご飯を食べたのとライトアップの
タイミングが良かったので見に行きました。^^
東京タワーと一緒で見ると興奮しますよねー。
真下からのアングルは面白かったデス。

moon-ponさんも次回はもう少し大人になった娘さんと
夜のエッフェルに行ってくださいね♪
by izola | 2012-08-28 20:00 | ケルン&パリ2012 | Comments(2)