ケルン&パリ2012/20


<L'Opera Restaurant>


b0035734_1836852.jpg



パリ最後の朝食はオペラ座で。






朝焼けのパリ。

b0035734_18372453.jpg






早起きしてホテルを出たら一路オペラ・ガルニエへ。

b0035734_18372054.jpg






建築家シャルル・ガルニエによるネオ・バロック様式の壮麗なオペラの殿堂。

b0035734_18373784.jpg






朝日を受けて燦然と輝く女神。

b0035734_18374523.jpg






朝食会場はコチラ♪

b0035734_18375374.jpg






オペラ座正面の右側に昨年オープンしたばかりの
「L'Opera Restaurant」です。

b0035734_1838912.jpg







赤い絨毯と椅子に白テーブルが鮮やかなテラス。

b0035734_18383192.jpg









b0035734_18384366.jpg








入口でSと待ち合わせて中へ。

b0035734_20102498.jpg






レストランの設計を担当したのは女性建築家のオディール・デック氏。

b0035734_18385325.jpg





国の歴史的建造物でもあるオペラ座は本体自体を触る事は出来ないので
柱や天井、壁には触れないようガラスやFRPのような素材の構造物で
自立壁や柱を造り、林立する柱に支えられ宙に浮かぶような形で
中2階のバルコニー席が存在しています。

b0035734_18392923.jpg





赤、白、黒の明快なカラーコーディネートに有機的なフォルムと異素材の
組合せは完全なコンテンポラリーモダンテイスト。

最初はその鮮やかすぎるコントラストに面食らいますが、
席についてしばらくすると背景のクラシックな建築と目の前の超モダンな
インテリアが不思議に違和感なく融合していきます。

b0035734_1838433.jpg





シェフは2ッ星レストランでシェフを務めたクリストフ・アリベール氏。
料理はレストランの内装に相応しいモダンフレンチだそうです。

b0035734_1839762.jpg





夜は華やかな紳士淑女達が観劇後にディナーで来るのでしょうね。

b0035734_18391493.jpg












petit déjeunerは1種類で確か20ユーロでした。
ジュース、コーヒー、パンのコンチネンタルスタイル。

b0035734_18432574.jpg






フレッシュオレンジジュースとカフェオレ。

b0035734_18425072.jpg





パンは数種類盛り合わせ。

b0035734_18421417.jpg





ジャムの瓶やバターのパッケージが可愛かった♪

b0035734_20143569.jpg














美味しい朝食が終わったらあと1日パリに残るSとはここでお別れ。

b0035734_208144.jpg




互いに同じ業界で独立して事務所も近いSですが、
大阪で会う事はほとんどありません。
でも、たまたま学生時代の卒業旅行も仲間達と一緒にパリに来ています。


よもや20年経って再びパリで会うとはね〜〜
なんて笑いながら笑顔でバイバイ。



忙しい中あちこちつきあってくれてありがとね。^^
Commented by moon-pon at 2012-08-31 09:31 x
オペラ座は何度も通ったのですが、中には入りませんでした。
公演は8月はなくて、9月になってからだったので残念でした。
もし次回行くことがあったら、ぜひ中にも入りたいし、レストランへも行ってみたいな♪
Commented by izola at 2012-08-31 17:47
>moon-ponさん、パリにいるとオペラ座の前は何度も通り
ますよね。^^
私もこの日は朝早すぎて中には入れませんでしたー。
オペラも海外では見た事ないので一度見に行ってみたいです!
moon-ponさんも次の機会があれば是非オペラを見てから
こちらのレストランでディナーを♪♪
by izola | 2012-08-29 20:00 | ケルン&パリ2012 | Comments(2)