バーナード・リーチ工房作品展2012



b0035734_21141022.jpg




しかまファインアーツの四釜さんからステキなお知らせが届きました。


『バーナード・リーチ工房作品展2012』

期間:2012年11月3日(土・祝)~11月11日(日)
時間:12時~18時
場所:しかまファインアーツ
   京都市中京区姉小路通富小路東入南側 黄瀬ビル1F

後援:ブリテッシュ・カウンシル



英国 セント・アイヴスのバーナード・リーチ工房 では1930年代半ばより
1979年頃まで「スタンダード・ウェア Standard Ware」とよばれる
バーナード・リーチデザインによる工房作品が製作されました。
今秋も工房初期より末期まで、バーナード・リーチ時代に製作された
作品展を開催いたします。


*写真、情報及び紹介文はHPより引用しました。




このような作品たちが出品されるそうです。↓↓

b0035734_21142387.jpg





しかまファインアーツの扱うモノ達は、オーナーの四釜さんご本人の
お人柄を反映してどれも洗練された中に柔らかさや温かみ、愛嬌があり、
長く使うほど、長く側に置くほど生活や気持ちに馴染んでいきそうな
モノばかり。

美術工芸品といっても堅苦しさや取り澄ました感じのものはほとんどなく、
お手頃なものも置かれているので、お店を覗く度に身の丈と気持ちに
合ったものをちょこっとずつと連れて帰っております。




前回の工房展の時に連れ帰ったクライヴ・ボウエンのマグカップは
事務所で毎日愛用しています。

b0035734_21143119.jpg


手にした瞬間、すんなり馴染んだマグカップ。
色、形、質感、大きさ、重さ、持ち手の感触、、、、
どれもが気持ちにピタリと添いました。




用の美、という言葉の本質をこのマグから日々学んでいる気がします。




お店は俵屋のすぐ近く、遊形ギャラリーと同じ姉小路通り沿いなので
期間中、近くに行かれる予定がある方は是非覗いてみてください♪

一見とても入りづらい雰囲気ですが、一歩足を踏み込んだら
温かな日だまりの中にいるような居心地の良い空間です。^^



*高島屋京都店でもバーナード・リーチ展やってます。

『生誕125年 バーナード・リーチ展』
高島屋 京都店7階グランドホール/10月31日(水)~11月11日(日)
by izola | 2012-10-30 22:22 | デザイン | Comments(0)