Restaurant MOTOI




b0035734_19000830.jpg



久しぶりに会う友人と京町家フレンチへ。







b0035734_18472790.jpg







お店があるのは御池通から富小路通に入って御所へ向かう途中。








元呉服屋だったという町家をそのまま活かしたエントランスは
知らなければまさかフレンチとは思いません。
b0035734_18453109.jpg









入口もホワイエも元の造りを活かした空間で純和風。
b0035734_18475249.jpg















b0035734_18475930.jpg













雨に濡れた苔が瑞々しい庭。
敷地は180坪あるとか。
b0035734_18480687.jpg













店内は柱や梁などの構造はそのまま活かして吹き抜けにしてあり
和と洋が違和感なく溶け合った落ち着いたインテリアで、
ブライダルパーティーなども出来そうな広々とした贅沢空間です。
b0035734_18481314.jpg











案内されたのは左奥の半個室風テーブル席。
完全に仕切られていないので庭やアレンジ、店内が見渡せるけど
落ち着いて食事が出来る居心地の良い席でした。
b0035734_18493659.jpg











この日は女友達と3名でランチ。
b0035734_18494318.jpg










メニューはお任せ1コースのみ。
前菜3品、魚料理、肉料理、デザート3品+αで全10品
内容はほとんどディナーですね。
b0035734_18494933.jpg










まずは久しぶりの再会に乾杯♡
b0035734_18495855.jpg










突き出しのマカダミアナッツ
b0035734_18500862.jpg









氷魚、蕗の薹、フロマージュ
b0035734_18502333.jpg











パン用に、青海苔をまぶしたバターと塩
b0035734_18503040.jpg










柔らかい白パンとハード系パンから選べます
b0035734_18503541.jpg












フォアグラと焼蜜柑のタルト

b0035734_18504022.jpg










フランス産リ・ド・ヴォー
聖護院蕪のクーリとリゾット
b0035734_18504623.jpg











平鱸のポワレ
ムール貝のエキュム
b0035734_18505128.jpg










炭火で焼き上げた豚肩ロース
たっぷりのお野菜と共に
b0035734_18505740.jpg









dessert-1 ローズとシャンパン
b0035734_18510271.jpg











dessert-2 ショコラのテリーヌ
b0035734_18510629.jpg










dessert-3 苺のショートケーキ
b0035734_18511097.jpg









ミニャルディーズ
b0035734_18511585.jpg





最後に前田元シェフが一席ごとに挨拶に廻ってくださいました。

前田シェフは京都や東京のホテルで中華料理を10年修行した後
フレンチに転向して渡仏→帰国後に京都と大阪のフレンチで修行してから
ここで独立されたという経歴の持ち主。

大阪ではHajimeで修行されていたそうです。






b0035734_18511943.jpg









コースの締めくくりにお店からのサプライズギフトで
ミニブーケをいただきました。
b0035734_18512400.jpg





京町屋を上手に活かした上質な空間
ラグジュアリーホテル並み(それ以上?)の細やかな気配り
一品一品素材を活かして繊細に丁寧に作られた料理


このお店が素敵だなと思ったのは、空間もサービスも料理もどれもが
どうだ!と前に出ることが決してなく、実にさりげなく程よく
心に残る味と時間を提供してくれるところでした。



フレンチにはなかなか足を運ばなくなってしまいましたが
ここは機会があれば是非また訪れたいと思うお店です。




by izola | 2016-03-16 17:14 | グルメ