点邑/'16 弥生




b0035734_18444829.jpg




昨秋、俵屋旅館と同じ麩屋町通りに移転オープンした点邑







b0035734_18420319.jpg






↑↓こちらは昨夏オープン前に撮った昼の外観。
右手前の建物は従業員の寮だそうです。点邑は左の門の奥。






b0035734_18421060.jpg









夜のエントランス
b0035734_18423254.jpg











これは移転前のお店にあったものですね。
b0035734_18424084.jpg










露地行灯の仄かな灯に導かれて石畳のアプローチを歩いていくと
突き当たりにモダンなコンクリート造りの小さな点邑ビルが。
b0035734_18431649.jpg











1階の右手前と左奥に個室。
b0035734_18434590.jpg











奥の個室は6〜8名ほど入れそう。
b0035734_18433850.jpg















手前は4名
b0035734_18440452.jpg













b0035734_18472864.jpg








店内や庭の其処此処に絶妙なバランスで配された家具やアート、
アンティークなどを見ているとまるで俵屋の一角にいるような気がします。








b0035734_18435442.jpg







⭐︎








カウンター席は2階です。2階の待合スペース。
b0035734_18441260.jpg








店内はすでに満席であまり写真は撮れず。
L字カウンターの奥から庭を見ることが出来ます。
b0035734_18442077.jpg

カウンターの席数は移転前と同じそうですが、
カウンター内の調理スペースが広々として動きやすそう。
料理長がとても嬉しそうなお顔だったのが印象的でした。








席の後ろには陶板に描かれた可愛い京野菜たち。
b0035734_18443216.jpg









よく見たら加藤静充氏の作品でした。
b0035734_18450319.jpg




b0035734_18450995.jpg







移転して調理場が広くなったことで以前は出せなかった一品料理も
色々出せるようになったそうで、天ぷらメインのコースと
料理数品&天ぷらの懐石天ぷらコースが出来ました。

せっかくなので今回は懐石天ぷらコースをセレクト。







b0035734_18442655.jpg











さて、いただきます。
b0035734_18444382.jpg










生湯葉と鯛の造り
菜の花とたいらぎ貝のぬた和え
b0035734_18452011.jpg










牛すじと大根、菊菜の炊合せ
b0035734_18452560.jpg











焼き諸子
b0035734_18453176.jpg









ここから天ぷらスタート
b0035734_18453680.jpg










カウンターの向こうにスタンバイしている美味しそうなネタ達。
b0035734_18454158.jpg












車海老
b0035734_18454691.jpg





b0035734_18455380.jpg











淡路の新玉ねぎ
b0035734_18455947.jpg












大きなばちこ
b0035734_18460320.jpg










薩摩芋
b0035734_18461009.jpg











白魚を青紫蘇で巻いたもの
b0035734_18461504.jpg











粟麩と蓬麩
b0035734_18462148.jpg












海苔でくるまれたたっぷりの雲丹
b0035734_18462607.jpg











ハゼ、タラの芽、蕗の薹
b0035734_18463367.jpg











締めの天茶
b0035734_18464487.jpg










天丼もあります。
稲庭うどんもありました。
b0035734_18463944.jpg









リンゴのジュレでコース終了。
b0035734_18465834.jpg





一品料理は繊細な味も器使いも俵屋らしさに溢れています。

そして天ぷらは厳選された素材を活かした本当に素晴らしい仕上がりで
驚くのは天ぷらを置く敷き紙にほとんど(全く?)油がつかないこと。
見ていると揚げ油はかなりの頻度で鍋ごと交換していました。

天ぷら衣はさくっと軽く、具材はふわふわぷりぷりほこほこで
素材の持ち味を最大限、もしくはそれ以上に引き出していました。


久しぶりにいただきましたが、やはりここの天ぷらは凄い。
天ぷらを食べるならなかじんさんか点邑が個人的ベストです。





by izola | 2016-03-25 19:59 | 俵屋旅館