高松&徳島2017/1 イサムノグチとジョージナカシマ




b0035734_17212405.jpg


高松も徳島も仕事で何度か訪れた事はあったものの、
プライベートでは未訪問。








b0035734_17313124.jpg








今回の旅は徳島と高松に私が長らく行きたいと思っていた美術館と
ホテルがあった事と、友人が徳島にある親族の墓参りをしたいという
希望が重なった事で話がするりと進みました。








最初の目的地は高松
まずはうどんで腹ごしらえ
b0035734_17322238.jpg
















「うどん本陣 山田屋讃岐本店」
b0035734_17214709.jpg








目的地から近いという理由で選んだお店でしたが、
800坪の広大な敷地に重要文化財のお屋敷が建つ立派なお店でした。








b0035734_17215112.jpg















b0035734_17215467.jpg


















b0035734_17215701.jpg


















久しぶりに本場で食べる讃岐うどん、コシがあって美味しかった。
b0035734_17215924.jpg


















うどんを食べたら目的地へ。
b0035734_17220843.jpg

















牟礼町にあるイサムノグチ庭園美術館(この建物は案内所)
b0035734_17222264.jpg


















b0035734_17222091.jpg








イサムノグチの晩年のアトリエを美術館として残した場所です。









b0035734_17121052.jpg









美術館と言ってもイサムノグチの日本における作品創りの
パートナーだった和泉正敏氏の実家、和泉石材店の敷地内にあり
火・木・土のみ開館の完全予約制なのでハガキで事前申し込みを
してから行かなければならず、なかなか訪れる機会がありませんでした。








b0035734_17221144.jpg









石材店らしく敷地のあちこちに作品や石材がおいてあります。











b0035734_17221484.jpg


















b0035734_17222524.jpg








この地で採れる庵治石(あじいし)はイサムノグチも愛した石材








b0035734_17222746.jpg


















庭園美術館は石塀の奥
写真撮影不可なので、手前からしか写真は撮れません。
b0035734_17223134.jpg









庭園内は学芸員の女性が案内してくれました。

緩やかな弧を描く石塀サークルの中には作業蔵と彫刻群、
奥に高さ3.6m重さ17tのエナジーヴォイドを収めた展示蔵があります。

小さなアトリエ内は簡素だけれど使いやすく整えられており、
庭には大小様々なサイズとデザインの彫刻たちがイサムノグチの指示した
場所に配置されています。

展示蔵は愛知県宇和島から移築された酒蔵で、気持ち良く風が抜ける
この蔵自体もとても美しく、エナジーヴォイドの放つ圧倒的なエネルギーを
ふわりと優しく包み込みながら流しているようでした。

庭園内の見学の後は丸亀藩旧入江家住宅を移築し、イサムノグチの住居
として使っていた「イサム家」とその裏山に作られた小さな彫刻公園へ。

イサム家には照明作品のAKARIや彫刻作品が収められ、生前に使っていた
ままの様子を外から見る事ができます。

裏山を少し上がった台地には花見や月見ができるよう石のステージがあり、
台地から庭園に向かって川の流れを表現した石組みの川、山側にある
盛り土をした小山を上がると瀬戸内海が望めます。









b0035734_17151943.jpg






庭園内だけでなくこれらの場所を巡る事でいかにイサムノグチが
この地を、景色を、人を、暮らしを愛していたのかを感じる事ができました。

来れて本当に良かった。









⭐︎












次に向かったのは同じく牟礼にある桜製作所内の「ジョージナカシマ記念館」
b0035734_17223712.jpg









ジョージ・ナカシマは日系2世アメリカ人家具デザイナーで
桜製作所は米国以外で唯一のパートナー工房としてジョージ・ナカシマの
作品やオーダー家具を作る木工所です。









b0035734_17224084.jpg








桜製作所の先代社長の永見眞一氏とジョージ・ナカシマとは
イサム・ノグチとも交流のあった彫刻家、流政之氏の薦めで
ジョージ・ナカシマが高松に来日して以来交流を深め、
パートナーとしてナカシマ氏の家具を作り続けているそうです。










b0035734_17224438.jpg










四国の小さな町に世界を代表する二人の日系アメリカ人の芸術家が
引き寄せられたって、すごい縁ですよね。









b0035734_17224763.jpg















1階にギャラリーショップと喫茶コーナー、
2階にジョージナカシマの家具が展示してある小さな記念館。
b0035734_17224921.jpg








2階に上がってゆっくり家具を見ていると、ジョージナカシマ愛に
溢れたスタッフのおじさまが丁寧に解説をしてくれました。



ナカシマ氏の家具に実際に座ったのは山代温泉のかよう亭の
ロビーにあるコノイドベンチ。

木の形をそのまま活かした重量感ある座面と左右にバランスを変えて
並ぶ背面スポークの軽やかな縦ラインが印象的なコノイドベンチは
一度見たら忘れられない美しさ。

記念館には日米で製作されたジョージ・ナカシマの家具が60点あまり
展示されています。日本でこれだけのジョージ・ナカシマ作品を目に
する事ができるのはここだけだそうです。












見学の後は喫茶コーナーで休憩。
b0035734_17225665.jpg

















ここではジョージナカシマ家具に座り放題。
ニューチェアの座り心地がとても良かった。
b0035734_17225942.jpg


















b0035734_17230245.jpg








無垢の木の持つ優しいオーラに包まれた空間が居心地良くて
ついつい長居してしまいました。








b0035734_17230443.jpg


















b0035734_17230627.jpg


未来への尊い贈り物を残してくれたノグチさんとナカシマさん、
本当にありがとうございます。




by izola | 2018-01-13 20:31 | 高松&徳島2017