長崎&五島列島2017/上五島1 キリシタン洞窟クルーズ




b0035734_17054994.jpg





レンタカーで向かったのは若松港








b0035734_17055790.jpg








ここでレンタカーを置いてチャーター船に乗り換えて
キリシタン洞窟クルーズに出発です。







乗船したのは釣り船や渡し舟としても活躍する祥福丸
人数が多かったので貸切にしてもらえました。
b0035734_17060116.jpg

















出航を見送りしてくれる子供たち
行ってきまーす!
b0035734_17060390.jpg


















祥福丸の船長さんは隠れキリシタンの末裔
b0035734_17061186.jpg








洞窟までは10分ほど美しい海を見ながらのクルージング








b0035734_17060647.jpg


















b0035734_17060915.jpg























b0035734_17061408.jpg

















針のメンドと呼ばれる岩の裂け目が見えてきました。
b0035734_17061763.jpg

















子供を抱いたマリア様に見えると言われる岩の割れ目
b0035734_17061935.jpg









キリシタン洞窟は明治初めの五島崩れ(隠れキリシタンの弾圧)の際、
若松島の里ノ浦の隠れキリシタン3家族が潜んだ洞窟。

しばらく潜んだものの、食事の際の焚き火の煙が船に見つかり捕縛され
拷問にかけられ殉教してしまったという悲しい歴史の記憶が残る場所です。








小さな船しか寄せられない岩場から上陸
b0035734_17062831.jpg


















b0035734_17062109.jpg
















洞窟の入口を見上げると1967年に設置された十字架とキリスト像が。
厳しい弾圧を耐え信仰を守り抜いた先人達を偲んで建てられたそうです。
b0035734_17062532.jpg























洞窟へは岩場を上り下りしながら進みます
b0035734_17063038.jpg

















洞窟内の壁面にはカメオのような跡がありました。
ここで祈りを捧げていたのでしょうか。
b0035734_17063328.jpg


















b0035734_17063874.jpg








細長い洞窟内は快晴の昼間でも薄暗く平らな場所も少ないので
ここで寝泊まりするのは大変だったと思います。

追っ手に怯えながら潜んでいた家族達はどんな辛い思いで
過ごしていたのでしょう。。。









b0035734_17064000.jpg








洞窟内をひとしきり見学し終わった頃に船長さんが
迎えにきてくれて乗船。港へ戻ります。









b0035734_17064682.jpg






ここの海も呆れるほどの美しさ











b0035734_17064854.jpg

















帰りに船長さんが船内の天井に浮かび上がっているという
マリア像を見せてくれました。普段は黒っぽく見えるらしく、
このように赤く見えることは珍しいそうです。
そう言われてみるとマリア様にも観音像にも見えます。
b0035734_17065108.jpg

















港に帰り着くと子供達が笑顔で次々と海に飛び込んでお迎え。
ただいまー!
b0035734_17065333.jpg



帰り際に、カクレの里の最後の一族として生きる船長さん一家の
ご自宅で十字架をモチーフにした窓枠や代々伝わるロザリオやキリスト像など、
大切にされているものをたくさん見せていただき、静かに大切に
自分達の信仰を守り続けたいという船長さんのお気持ちを感じました。


隠れキリシタンとは、明治以降に禁制が解かれた後もカトリックとは
一線を画して独自の信仰形態を継承した人々のことを言うそうです。




by izola | 2018-08-02 20:53 | 長崎&五島列島2017