コートダジュールの宝石/19

<サン・ポール・ド・ヴァンス/St-Paul de Vence>

b0035734_10334481.jpg

コートダジュールの海岸沿いには
「鷲の巣村」と呼ばれる村がたくさんあります。

この日訪れたサン・ポール・ド・ヴァンス
そんな鷲の巣村のひとつ。

写真奥に見えるように急斜面の岩山頂上に
民家が密集して建てられており、それが
切り立った崖に鷲が巣を作っている様子に
似ている事からそう呼ばれています。

敵の侵入や攻撃から守るために相手から
見えない場所に村を作ったのが始まりで
村の中は迷路のように入り組んだ路地があり、
その村を取り囲むように城壁があることから
かつては要塞村だったことがわかります。




ふもとから村の中心へ向かう途中には
思わず立ち止まってしまうような家がたくさん。
b0035734_10332349.jpg

b0035734_1033567.jpg

小さく素朴な教会。
b0035734_10342535.jpg

この村にもエズのように素敵なホテルがあります。

こちらは「La COLOMBE d'OR」 その名も「黄金の鳩亭☆☆☆」。
b0035734_10344558.jpg

ここはまだ有名ではなかった頃のミロ、ピカソ、カンディンスキーら
多くの芸術家が滞在し、宿と食事代の代わりに絵を置いていったという
有名な宿で、ホテル内にはその時の絵画が飾られているそうです。
b0035734_10345716.jpg

テラスにはこんな指のオブジェが(手前)。
これも芸術家の作品なんでしょうね。
ここは料理も美味しいそうです。
残念ながら食べれませんでしたが。
b0035734_10351086.jpg

ホテル全景
b0035734_10361485.jpg

ホテルのすぐ先には村の広場があり、
こんな可愛い朝市をやってました。
b0035734_10352630.jpg

おじさんの帽子とベストの色にミモザの色が鮮やか。
b0035734_10353864.jpg

広場のカフェ。
b0035734_10355378.jpg

広場の一角ではおじさんたちがペタンク中。
b0035734_10412779.jpg

よっこらしょっと。ドスッ、コロコロコロ・・・。
b0035734_10414174.jpg

ツーリスト用の町の案内看板。
b0035734_10374760.jpg

手描きタイル貼の町のイラスト&地図。
b0035734_1038177.jpg

まるで絵本か絵葉書の世界。
b0035734_10381735.jpg

細い路地にはお土産物屋さんがズラリ。
b0035734_10383270.jpg

凝った看板達に注目。
b0035734_10384890.jpg

路地の中心には違うホテルが。
b0035734_10394644.jpg

こちらはルレ・エ・シャトー加盟の4つ星ホテル
「Le Saint-Paul」
b0035734_1040271.jpg

路地を南に抜けるとそこには眺めのよい墓地があり、
ここにはマルク・シャガールが眠っています。
b0035734_10402680.jpg

お墓の上にたくさんある小石は哀悼の意を込めて置くものだそう。
b0035734_1040398.jpg

今回の旅ではニースのシャガール美術館にも立ち寄る予定
だったのですが、美術館の修繕工事が予定よりも遅れたため
入る事ができませんでした。

前回の旅の時には行くことが出来たのですが、
旧約聖書をモチーフにした油絵の大作と
美しいステンドグラス作品とがある、明るく美しい美術館でした。


帰り道に見かけた色合わせもデザインも素敵なポスト。
b0035734_10405548.jpg

蔦のからみ具合がいい感じのカフェサイン。
b0035734_1041924.jpg



ここもまた、歩くだけで楽しい村でした。


*次回は村のふもとにある「マーグ財団美術館」をご紹介します。
Commented by milky at 2006-08-10 20:29 x
すてきだ~~
こういう写真を見せてもらっちゃうと
izolaさんとお知り合いになれて、ほんと良かったと思います
Commented by izola at 2006-08-10 23:41
>milkyさん、どの村もそれぞれ違う魅力があり、
一見すると同じような町や景色でも飽きる事がなかったです。
私の方こそ、このように同じ感覚を共有してくださる
milkyさんと出会えて感謝の気持ちでいっぱいです。
これからもよろしくお願いします。m(_ _)m
Commented by まっつん at 2006-08-11 21:45 x
izolaさん、こんばんは♪
田舎に行けば行くほど、私たちが見たいと思っている景色を見せてくれますよね、ヨーロッパって。
いちいちステキ!みたいな(笑)
そのままの景色をそっくり持って帰りたくなっちゃいますよねー。
こちらの鷹の巣村もそんな感じ…
素晴らしいところを旅されたのですね。
ううむ、本当に南仏に行きたくなってきたぞ…
ところで、一つ無知な私に教えてください。
ペタンクって何ですか?(^^;) 一見、ボーリングみたいな…???
Commented by mayufr at 2006-08-12 00:16
こんばんは!ああこの街いつかぜひいってみたいです!細い路地や、きれいだけど素朴な雰囲気のアーケードや看板、ヨーロッパのよさはこういう古いものがそのまま残っているところにありますよね!
izolaさんのおかげでちょっと小旅行している気分を味わえました♪また続編も楽しみにしていますね☆
Commented by izola at 2006-08-12 00:51
>まっつんさん、こんばんは♪
そうなんですよ。ヨーロッパって田舎に行くほど
良さを感じますよね。^^
持って帰れるものならお持ち帰りしたいです。(笑)
南仏も広いので、次回はもっと内陸の方も
行ってみたいなぁと思いました。

ペタンクは私もはっきりとしたルールは知らないのですが、
確かカーリングのような感じで、写真の鉄球を投げて転がして
敵の球に当てて輪の中から追い出しながら最後に輪の中心に
近い所に残ったものが勝ち!みたいなゲームだったと思います。
あちこちの村の広場でやってましたよ。
Commented by izola at 2006-08-12 00:57
>mayufrさん、こんばんは♪
ここも素敵ですが、他にも魅力的な鷲の巣村がたくさん
ありましたよ。^^
こういう風に歴史を大切に保存しながら
生活しているところが大好きです。
機会があればぜひ村巡りしてくださいね。
まだまだ違う村の紹介も残っていますので
気長に楽しんでください〜☆
Commented by りら at 2006-08-12 10:39 x
izolaさんこんにちは~♪
サン・ポール・ド・ヴァンス!
うふふ、南仏旅の行程表拝見した時から待っておりました。(^^)
独身時代に行った2度目のニース・モナコ旅で、
ニースからローカルのバスに乗って自力で訪ねた村なのです(笑)。
懐かしい~

ギャラリーたくさんありませんでした?
たまたま通りがかったギャラリーで村の風景を描いた画家さんの個展があり
(まぁもしかしたらお土産物屋さんの一種だったのかもしれませんが)
絵がものすごく好みだったので、手頃なポスターを購入しました。
ニース→パリ→日本とすべて大事に機内持ち込みして紙がヨレヨレになりかけたけど(^^;
苦労して日本まで持って帰って、額装してもらったんです。
値段は安いものですが、わたしにとっては大切な旅の想い出の品のひとつで
今もリビングに飾ってあるんですよ(笑)
Commented by j_mcrorie at 2006-08-12 11:47
私もヨーロッパの田舎が大好き。絵葉書みたいな素敵な写真を見て心和みました。有名な観光地にはない、人々の暮らしが感じられますね。
izolaさんの着眼点もさすが、おしゃれな方だなあ。
Commented by izola at 2006-08-13 00:15
>りらさん、この村に行かれたんですね。^^
滞在時間が短くてゆっくり見れなかったんですけど
お土産物屋さんの間にギャラリーたくさんありました!
私もあちこちの美術館で買ったポスターを大切に
持って帰って額装しましたよ〜。
こういうのって値段じゃなくて思い出が詰まってるところに
値打ちがありますよね。
りらさんのリビングのポスターは幸せモノですね☆
Commented by izola at 2006-08-13 00:19
>j_microrieさん、ヨーロッパの田舎の風景って
どこも似てるような気がしますけど、少しずつ空気や色が
違って何度見ても見飽きないんですよね。
ザ・観光地!という所よりもこういった日々の暮らしの中に
歴史の流れを感じる場所により心が惹かれます。^^
by izola | 2006-08-10 17:35 | コートダジュール2006 | Comments(10)