ハイアットリージェンシー京都/2


<客室/1>

b0035734_1546245.jpg


この日滞在したのは4階のゲストルームダブル。

事前にホテルの宿泊予約と何度かメールのやりとりをして
色んな部屋やプランを提案してもらいましたが
初めての滞在なので無難なプランを選択。

ゲストルームでの宿泊と「ザ・グリル」or「東山」での
夕食が付いた「Stay&Dine Plan」にしました。





EVホール前のアート。
b0035734_15473158.jpg

廊下はいたってシンプル。
b0035734_15464952.jpg

部屋の広さは28〜33平米ですのであまり広くはありません。

インテリアは和モダンベースのすっきりと落ち着いた色合せと
素材使いなので圧迫感はなく一人で泊まるには充分です。
二人だとちょっと手狭かも。
b0035734_15434479.jpg

ベッドの後ろは古い着物布を使ったヘッドボード。
右奥のスリガラスの向こうはバスルーム。
b0035734_1548522.jpg

ベッドの向かいの壁沿いにはハイアットお得意の
機能的な収納カウンター兼テーブルが。
b0035734_15481844.jpg

このイスの貼地の色と質感、好きです。
b0035734_15484468.jpg

テーブルの上には超ミニマムなテーブルライト。
b0035734_15485784.jpg

ゴミ箱のデザインもミニマム。
b0035734_15515469.jpg

この壁面のクロスとアートパネルはPHソウルの客室と激似。
できれば中の写真もソウルと同じように京都のお寺や町の
モノクロ写真にして欲しかったな。
b0035734_1549918.jpg

古木を使ったオブジェ兼花器。
b0035734_15425374.jpg


シンプルなデザインにプリミティヴな素材を組み合わせる
という手法はPHソウルと基本的に同じ。

ですが、ソウルはパークブランドで都会の中で主にビジネスユース、
京都はリージェンシーブランドで古都の中で観光メイン、という
それぞれのホテルブランド、立地やゲストの滞在条件に合わせて
上手く素材のクオリティやデザインイメージを使い分けているな、
と思いました。

部屋で過ごす時間は思っていた以上に居心地が良く、
本を読みながらすっかりくつろいでしまいました。


*次回はバスルーム&収納編です。
Commented by ハナ at 2006-08-16 22:43 x
なんてすっきりとしたインテリアなんでしょう。
無駄なものは一切省きました、って感じですねぇ♪
色や質感もやや無機質。
しかしちゃんと木目や程よい柄もあったりして落ち着いた雰囲気ですね。

花器に生けられたお花がとっても可愛らしい。
こういうお部屋、好きだな~。


Commented by izola at 2006-08-17 01:32
>ハナさん、写真では無機質な感じですが、
実際はそれぞれのマテリアルに質感があるので
冷たい感じはなく、しっとりさっぱりと落ち着いた空気感で、
とても居心地よかったです。^^

花器の花はドライの実ものでした。
これが生花だったらもひとつ良かったんですけどネ。

私もこのお部屋、すっかり気に入ってしまいました。
リッツに続き、関西でのお気に入り宿が出来て嬉しいです☆
Commented by sumi2211 at 2006-08-20 20:10
シンプルで素敵なお部屋ですね。バスルームも楽しみです!
京都には親戚の家があり、何度も行っているのにホテルを利用したことが
ありませんでした。でもここなら滞在してみたい・・・。
izolaさんのレポートを拝見して、PHソウルを利用しようかと
計画中です。いつも参考になります。
Commented by izola at 2006-08-20 23:51
>sumiさん、シンプルだけど温かさも感じる造りは
sumiさんにも気に入っていただけるのではないかと思います。
私も京都はあまりに近すぎるし泊まりたいホテルもなかった
のですが、このホテルには季節ごとに滞在したいなと思いました。
実は来月末も滞在予定です。違うカテゴリーの部屋を予約
しましたので、そちらもレポしますね☆
PHソウルも超オススメですので、ぜひぜひ利用してください!
私のレポが少しでも参考になれば幸いです。^^
by izola | 2006-08-16 18:00 | HR京都 | Comments(4)