ニンジン逃亡記/12

<ザ・ウインザーホテル洞爺/6>

b0035734_21295219.jpg


ミシェル・ブラスで大敗を喫して爆睡した翌朝。

お腹には昨夜のチーズやデザートが若干居残り
しておりましたが、ウインザーでは胃がはち切れるまで
食い倒れる覚悟を決めておりましたので(笑)
意気揚々とギリガンズ・アイランドへ向かいました。






レストランの入口。
b0035734_2130533.jpg

手前には「オテル・ド・カイザー」があり、
ここで焼き立てパンを買って部屋でいただく事もできます。
b0035734_21302095.jpg

帰り際にお土産&持ち帰り用にたくさん買い込んでしまいました。
b0035734_21303274.jpg

店内はこんな感じ。
b0035734_21305610.jpg

そして窓の外は・・・幻想的すぎる霧景色(笑)。
b0035734_2131732.jpg

どこかの雑誌かサイトで見たこのアングルでのシャンパン越しの
雪景色に心を鷲掴みにされたのが、そもそもウインザーに
行きたいと思うようになったきっかけでした。
b0035734_21311895.jpg

まずはアイ・オープナーにオレンジジュース。
すっきり目が覚めます。
b0035734_21315818.jpg

バター、キャラメルクリーム、イチゴのコンフィチュール
とパパイヤのコンフィチュール。
コンフィチュールは季節の果物で色々と試作して出しているそうです。
b0035734_2132970.jpg

カイザーのパン盛り合わせ。
ここのクロワッサンはやっぱり美味しい。
b0035734_21322087.jpg

とても上質で肉の甘味のあるハムでした。
b0035734_2133151.jpg

デザートは色鮮やかなストロベリー・スープ。
b0035734_12181062.jpg

残念ながら晴れでもなく雪の季節でもありませんでしたが、
これはこれでとても綺麗な眺めで
幸せ気分のシャンパン・ブレックファーストでした。
b0035734_21342421.jpg



*次回は「わく善」をご紹介します。
Commented by moon-pon at 2006-09-25 23:00
ああ、なんというロマンティックな風景でしょう。
シャンパン・ブレックファーストだなんて、
そのようなものが存在していることすら知らなかった私です。
こんな素敵なところでお泊まりできたら、
もう何もいらなくなるものでしょうか。

ストロベリー・スープというのはどんなお味なのですか?
Commented by daniella at 2006-09-26 00:44 x
きゃ~。私としたことがミシェル・ブラスしか知りませんでした。
そうか。ウィンザーに行く前には絶食が必要ですね。
設えがとっても美しい美山荘のお食事編も楽しみにしています。
やっぱり食い気が先みたい・・・。
Commented by izola at 2006-09-26 20:19
>moon-ponさん、シャンパン・ブレックファーストっていう
言葉の響きだけでもううっとり・・ですよね。(笑)
ここのロケーションはとても素晴らしいので
何もしなくとも心地よい時間を過ごせます。^^
ストロベリースープはピュレ状の苺に軽く甘みをつけたもので、
口に入れると苺の甘酸っぱい香りがいっぱいに
広がって幸せな味でした☆
Commented by izola at 2006-09-26 20:22
>daniellaさん、ウインザーに行くなら絶食した上に
替えの胃袋も必要です!(笑)
それくらい魅力的なレストラン勢揃いですよ〜。
美山荘はあえてウインザーは避けて京都に行ったのですが
その選択は間違っていませんでした。
夕食編楽しみにしててくださいね☆
旅はやっぱり食い気ですよね。^^
Commented by riccaland at 2006-09-29 16:19
晴天がいい!って思いがちだけど、霧もまた趣きがあって素敵ですね♪
こんな素敵な眺めと、素敵な食事で始まる1日は、ワクワクしちゃいますね。
Commented by izola at 2006-10-01 15:51
>riccaさん、行ってみるまで霧が出るなんて予想もしていません
でしたが、霧景色もなかなか素敵でした。
(でも一日このままだとちょっと辛いですよねぇ。笑)
ホテルでゆったりと朝食の時間を過ごすのは幸せですね。^^
by izola | 2006-09-25 12:52 | ホテル(国内) | Comments(6)