ハイアットリージェンシー京都/6

<デラックスルーム>

ハイアットリージェンシー京都/6_b0035734_16223641.jpg


2度目の滞在は9月末。

この時期の京都はちょうど夏休みも終わり、
まだ紅葉にも早いという中途半端な時期なので
ホテルも観光地もゆっくり過ごす事ができました。


*トップ写真はフロント上のフラワーアレンジ。





今回は前回よりもひとつ上のカテゴリーの
「デラックス・ルーム」朝食付きを予約しました。

部屋はロビーフロアです。
セレクトショップ「京」の後ろに回り込むと廊下があり
その並びに客室があります。
廊下に飾られていたのは墨絵のような雰囲気のアート。
ハイアットリージェンシー京都/6_b0035734_16293592.jpg

「1105号室」
ハイアットリージェンシー京都/6_b0035734_1623156.jpg

ドアを開けると右手に小さなディスプレイスペースが。
ハイアットリージェンシー京都/6_b0035734_16233024.jpg

インテリアは基本的に前回のゲストルームと同じですが広さは
こちらの方がかなりゆったりと感じました。
ハイアットリージェンシー京都/6_b0035734_16234933.jpg

ハイアットリージェンシー京都/6_b0035734_1624375.jpg

ハイアットリージェンシー京都/6_b0035734_16241533.jpg

カウンターの造りも同じ。
ハイアットリージェンシー京都/6_b0035734_16242480.jpg

クロゼットも同じですがこちらの方が横に広いです。
バスルームは大きさも機能もゲストルームと同じ。
ハイアットリージェンシー京都/6_b0035734_16243341.jpg

奥のカーテンを開けると左に中庭が。
ハイアットリージェンシー京都/6_b0035734_16251780.jpg

こちらはザ・グリル側から客室を見た眺め。
奥の竹が寄り掛かるようになっている窓が1105号室。
手前の1107号室はほぼ中庭正面の位置になりますので
次回泊まる際には1107号室を希望しようと思います。
(リクエスト可能であれば。)
ハイアットリージェンシー京都/6_b0035734_16254224.jpg

夜には中庭の向こうのレストランもよく見えます。
下から地階「東山/TOUZAN」、ロビーフロア「ザ・グリル」
2階「トラットリア・セッテ」。
ハイアットリージェンシー京都/6_b0035734_16301229.jpg


前回はひとり泊まりだったのでゲストルームで充分快適でしたが、
今回は友人と二人だったのでこちらのデラックスにして正解でした。

同じインテリアでも空間に余裕がある事で
とても広く感じましたし、
更には窓の外に中庭の清々しい眺めがあるので
気分的にかなりの開放感を得る事ができました。

デラックス以上のカテゴリーの方が更に
眺望の良い部屋があると思うのですが、
それ以上のカテゴリーになるとリッツに泊れる位の料金に
なってしまいますので、リージェンシーというホテルブランドから
考えるとCP的にはデラックスルームがベストかな、と思います。
(*あくまでも私の主観です。)

でもHPを見ると色んなお得プランも設定していますので
マメにチェックして(&GPを活用して)機会があれば
上のカテゴリーのお部屋にも泊まってみたいです。


*チェックインしてしばし部屋で寛いだ後は夕食へ。
今回はホテルで夕食ではなく、観光客気分を満喫しようと
ザ・京料理!を堪能できるお店に出かけました。^^
by izola | 2006-11-08 16:32 | HR京都