紅葉逃亡記/5

<美山荘/3>

b0035734_20443254.jpg


日が暮れてまもなく、
母屋からお迎えが来ました。

離れのゲストは母屋の左奥にある
カウンタ−形式の食事処で夕朝食をいただきます。







こちらは宿泊客以外でも気軽に食事に来てもらえるようにと
数年前に新しく造られたお部屋。
b0035734_2045793.jpg

ここも中村外ニ工務店による数寄屋建築です。
b0035734_20453625.jpg

上質でありながら潔くシンプルな造りは離れと同じ。
b0035734_20454832.jpg

左の暖簾の奥が厨房。
手前は主に料理の仕上げをする小さな厨房。
そこをぐるりと囲むように白木のカウンターが設えてあります。
席は3組のみ。
b0035734_2046776.jpg

今宵のゲストは皆さん常連の宿泊客でした。

席には各々違う柄の丸盆が。
隣は鯰、私は兎柄でした。
b0035734_20461761.jpg

夏は硝子、秋は錫の器で出される食前酒。
b0035734_20463071.jpg

一品目は八寸と思いきや、
大きな銀杏がたくさん入った朴葉味噌焼き。
これが驚く程美味しかった。
お酒好きな方ならこの一品だけで相当お酒が進みます。
b0035734_20464232.jpg

次は本日のメインとも言える茸盛り合わせ。
松茸&黒川茸&しめじ。
思わずおぉ〜と唸る程の大きな松茸に全員目がキラキラ☆
b0035734_20465275.jpg

目の前で丁寧に炭火焼きにしてくれます。
b0035734_20471195.jpg

茸が焼けるのを待つ間に出てきたのは
かぶらのあちゃら漬。
b0035734_20472170.jpg

岩魚の造り。
b0035734_20473010.jpg

今宵のお酒は赤ワイン。
松茸には赤が合うかなと思い、
コート・デュ・ローヌを選びました。
b0035734_20474540.jpg

ワインが開いた頃にタイミング良く焼けた丹波の松茸。
こんなたくさんの松茸をひとりで食べていいの?
と思わず聞いてしまいそうになってしまいました。(笑)
しゃっきりした歯ごたえと脳まで響く香りはさすが。
b0035734_2048832.jpg

続いて出されたのは黒川茸としめじ。
黒川茸は茸好きにはたまらない茸だそうで、
松茸よりもこちらを好む方もいるそう。
口にした時に一瞬苦味を感じますが、苦さは後に残りません。
身体に良さそうな味です。
しめじは椎茸か?と見まごう程の立派さでした。
b0035734_20482576.jpg

碗ものはいくち茸、むらさき芋の合せ白味噌仕立。
白味噌の美味しさは京都で目覚めました。
b0035734_2048382.jpg

むかご葛寄せは懐かしく温かい味。
b0035734_20485157.jpg

このタイミングで八寸が出るのが面白い。
里芋胡麻揚、地玉子みそ漬、栃もちこんにゃく、
川海老、菱etc。
b0035734_2049377.jpg

可愛いサイズの鯖寿司。
b0035734_2049177.jpg

これはお茶?と思ったらお吸い物でした。
とても良い味が出ているので何が入ってるのか
聞いてみると「ばちこ」との事。
更にばちこって何??と聞くと、ナマコの卵巣を乾燥させた
珍味中の珍味と言われる食材だそうで、
三味線のバチのような形からばちこと言われるそうです。
とても珍しいものをいただきました。
b0035734_20493112.jpg

子持ち鮎の杉板焼きは軽く味噌漬けにしてありますが、
たっぷり詰まった卵とその味噌漬け加減が絶妙で、
夏の鮎よりもこちらの方が気に入ってしまいました。
これも赤ワインに恐ろしく合いました。
b0035734_20495475.jpg

珊瑚茸のお浸しはさっぱりと上品。
b0035734_2050887.jpg

最後は鍋にたっぷり作られたきのこ汁。
仕上げに蓮根団子と葱を加えます。
b0035734_20502194.jpg

温かい汁物で満腹の胃袋もほっこり。
b0035734_20503282.jpg

粉山椒に添えられた小さな匙は乾燥した
しば栗の実を利用したもの。
b0035734_20504775.jpg

御飯は匙の材料になったしば栗を使った栗御飯。
鬼皮を薄ーく残した小さなしば栗は天津甘栗のように
甘味が強く、とても美味しかったです。
b0035734_20505913.jpg

デザートはとろりと柔らかい大城柿の上に可愛い冬苺。
b0035734_20511956.jpg

食後はこの日の食材について質問したり
調理の秘けつを教えてもらったり、
美山の四季の話を聞いたり・・・と
すっかり長居してしまいました。
b0035734_20512937.jpg


母屋の座敷でいただく方が摘み草料理を味わうという
風情や演出を楽しむ事が出来ますが、
カウンターでの食事は調理の仕上げや素材を
直に目にする事が出来たり、直接料理人の方と話が
できるという楽しみがあります。

正座が苦手な方は足を下ろせるカウンタ−での
食事の方が落ち着いて料理を味わえるのではないでしょうか。


秋の夕餉も夏とは全く違う魅力に満ちた
素晴らしい味と時間でした。


食事の最後に
「冬は猪や鹿などの鍋や根菜類がとても美味しいんですよ。」
と、しっとりたおやかな天使のような笑顔で若女将が
教えてくれました。

それって悪魔のような誘いだわ。。。(笑)
Commented by milky at 2006-12-08 10:06 x
お料理はモチロンですが、
器の空っぽの状態も見てみたい
 むぎわら手、割れ山椒、片口、みじん唐草・・・ウ~ム・・
Commented by izola at 2006-12-09 00:33
>milkyさんなら器の事を良く知っておられるので
より一層楽しい食事になるのでしょうねぇ。
どの器も料理ととてもよく調和していて、私のように器に
そんなに詳しくない者が見てもとても趣味の良いものを
使っているなというのは感じられました。
次回はmilkyさんの為にからっぽの器も撮ってきますね〜。^^
Commented by y_and_r_d at 2006-12-09 01:08
次から次へと出てくる美食の数々・・・
ただただ唖然です・・・。
Commented by parkavenue55 at 2006-12-09 23:56
背筋がピンとのびそうなお料理なのに カウンターでいただける
カジュアルさが いいですね! その辺も計算のうち?笑
山椒にそえられた 栗の匙がすごくかわいいです♪
手作りなのですかねぇ
ちょっとしたことにも 京都の秋の粋を感じてしまいます。
izolaさん いいなぁ~~~
Commented by izola at 2006-12-10 01:50
>y_and_r_dさん、こうして写真で振り返ると
こんなにたくさんの美味しいものをいただいたんだなぁと
自分でも驚きです。
この後は仕事が忙しくて貧相な食事続きでしたが..(笑)
Commented by izola at 2006-12-10 01:57
>parkavenue55さん、前回座敷でいただいた時は
ちょっと緊張しましたが、このカウンタ−席は全く
緊張せずに楽しく食事することができました。
きっとその辺もさりげなく計算済みなんでしょうね。笑。

栗の匙は手作りのようでした。
実は同じものを作ろうと思って材料を入手したのですよ。
parkavenue55さんの作られる素敵なアクセには
遠く及びませんが、上手く出来たら写真アップしますね☆
Commented by ハナ at 2006-12-10 21:01 x
おお、どこも素敵な設えなのですね。
大きな窓の下はパッケージが備えられているのでしょうか。
目に付かない部分に手抜かりのない設備はさすがですね。
潔いシンプルなつくりは写真を見ているだけで気持ちがいいものです。

肝心なお食事も!すごくおいしそうです。
摘み草料理と言うにふさわしい内容。
「今ここで採れたものだけを使いました」
どこまでも妥協しないまっすぐなおもてなしにただため息です。
お匙をはじめとした器や道具も見ごたえがありますね~。

憧れの宿としてインプットしておかなくては。
こんな贅沢な旅、いつになったら行けるでしょう?

Commented by izola at 2006-12-10 22:05
>ハナさん、どこもさりげなく上質で、無骨なものや
デジタルなものは一切眼につかない工夫がしてありました。
本当に気持ちよい空間です。

お食事は秋の恵みを心ゆくまで堪能できました〜。
美山以外の食材もあるのですが、なるべく地ものを使って
それ以外も厳選された食材を取り寄せて
妥協のない調理で出しており、
器や小物の演出もあくまでもさりげなく、
でもしっかりと季節や風情を感じさせてくれます。

いつも素敵な旅をされているハナさんにも
ぜひこの空間や食を味わっていただきたいです。^^
Commented by daniella at 2006-12-12 23:36 x
夏のレポートより、食材が好み!
行くなら晩秋だ!!と覚悟を決めたところに↓このフレーズ。
「冬は猪や鹿などの鍋や根菜類がとても美味しいんですよ。」
本当に悪魔の囁きとしか思えません。。。
izolaさん、どうぞ悪魔に魅入られてまたまた麗しのレポートを
お願い致します!!
Commented by izola at 2006-12-17 19:49
>daniellaさん、季節によってこんなに食材って変わるんだなぁと
しみじみ感心しました。
daniellaさんは秋の食材の方がお好みなんですね。
私は夏の食材も甲乙付けがたく好きです〜。
実は悪魔の囁きに魅せられて!?次の予約も入れてしまいましたが
果たしてどの季節にしたでしょうか???
お楽しみにしててくださーい☆
by izola | 2006-12-07 20:54 | 美山荘 | Comments(10)